スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

函館市 縄文まつりで披露された「安浦駒踊り」

9月30日(日)
初夏の例祭に取材しようと思って、問い合わせをしてみると「今年は駒踊りは出れない」と言われ少し残念に感じておりました。函館市の旧南茅部町にある、縄文文化交流センター開館1周年「商工会縄文まつり」で、披露される事をを知り、取材しようと赴きました。

「北海道文化資源データベース」から、「安浦駒踊り」のことが乗っているので引用させてもらうと、

安浦駒踊りは、旧南茅部町の安浦地区に伝わる郷土芸能です。馬に乗り、戦に勝ったときの様子を表す「駒踊り」です。踊り手は扇子や刀など色いろな道具を持ち、前後約1mくらいの色とりどりの馬(駒)を腰につけて勇壮な舞を披露します。江戸末期に青森県三戸郡から伝承されたといわれています。


この「縄文まつり」の情報は北海道新聞に掲載された記事で知り、その記事の中には、

馬産地の旧南部藩で誕生し、江戸時代末期に漁業目的で移住した「和井内(わいない)」という人が安浦地区に伝えた。「扇おどり」「刀おどり」「七つ道具」「駒おどり」の4種類の演舞がある。


東北地方から伝わる、「駒踊り」が北海道の地区に伝承して生き続けている一例です。
まずは、最初は「手踊り」の披露から

函館市 安浦駒踊り
安浦駒踊り 手踊り

舞い手も大切だが、楽人も無くてはならない人であり、笛・太鼓・手拍子で演奏されます。

函館市 安浦駒踊り
楽人

数年前の例祭の取材で、地元の人の駒踊りの関心が強いことがよくわかったので、地元の人が観客として多く見られました。舞い手の目利きもしていて、「あの子上手だね〜」という声を背中から聞いておりました。

函館市 安浦駒踊り
観客

函館市 安浦駒踊り

函館市 安浦駒踊り

函館市 安浦駒踊り

函館市 安浦駒踊り

函館市 安浦駒踊り

函館市 安浦駒踊り

郷土芸能は、その土地に行われた小さい芸能です。
この時代の維持・継続は非常に厳しい状況でありますが、なんとかしようと思う担い手の人の熱意で継続しています。見る機会があれば、一度ご覧になって歴史と文化に触れてみて体験して欲しいです。

良かったら、ブログランキングにご協力下さい。
にほんブログ村 写真ブログ 祭・イベント写真へ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

テーマ : お祭り&行事
ジャンル : 地域情報

tag : 北海道 郷土芸能 函館 旧南茅部町 安浦駒踊り 縄文まつり

コメントの投稿

非公開コメント

面白いですね。

 神楽も良いですが、こちらも面白そうですね。是非、一度見てみたいです。
プロフィール

及川 修

Author:及川 修
松前神楽は、松前藩主自ら祭主となり、藩の城内神事として行われ始めたのは1674年から明治の廃藩置県まで、神職により御城神楽として隔年に行われた大神事であり、その作法は厳格であります。約350年の歴史を持つ北海道道神事芸能で、比較的に開拓して歴史の浅い北海道では珍しい郷土芸能であります。松前藩主が松前神楽を見て、「よくできてそうろう」とおっしゃったことから、「良き候」とブログタイトルに入れ、松前神楽の魅力や北海道の郷土芸能を紹介しております。渡島・桧山地方では近くの神社で奏上されているので、お祭りの際は誰でも見学可能です。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
カウンター

リンク
スポンサー
ブログ内検索
コマーシャル
コマーシャル2
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。