スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福島町 白符大神宮渡御祭・本祭 2012

昨日の白符大神宮宵宮祭から、今日は渡御祭と本祭です。

たいていの神社は、宵宮祭を迎えて次は渡御祭か、本祭という流れになります。
渡御祭が無ければ、本祭と流れて行きます。
渡御祭とは、年に一度、町内の様子を神輿に身体や依り代(よりしろ)などを神輿に移し、町内練り歩き、見ていただく行事です。最近、神様の入っていない神輿を出して盛り上がっているのは、何も知らないでやっているとしか考えられません。伝えるというは、大切なことだなと考えさせられます。
さて、渡御祭の神社行列の後に続くのは、白符の荒馬踊りです。郷土芸能も見られるのは、一石二鳥です。

猿田彦は、行列の先頭を司る役目です。神様の道先案内をしているので、鼻が高いのです。
鼻が高いので「天狗」と呼ばれていますが、天狗は妖怪であり、猿田彦は道祖神の神様と云われていて、全く違うのです。

白符大神宮渡御祭 2012 猿田彦
猿田彦

白符大神宮渡御祭 2012 行列
神社行列

白符大神宮渡御祭 2012 神社行列
猿田彦

白符大神宮渡御祭 2012 神社行列

白符大神宮渡御祭 2012 神社行列

白符大神宮渡御祭 2012 神社行列

白符大神宮渡御祭 2012 神社行列
上4枚 神社行列

神社行列が出発すると、神社前に「白符荒馬踊り」の行列が奉納の舞いを行いにやってきます。

白符大神宮渡御祭 2012 荒馬踊り
白符荒馬踊り 奉納の舞い

「MORE」をクリック 続きます

良かったら、ブログランキングにご協力下さい。
にほんブログ村 写真ブログ 祭・イベント写真へ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
 
白符荒馬踊りについては、下記のとおり

室町時代に津軽からニシン漁に従事するために渡ってきた人々の往来や交通を通して伝承されたと考えられています。勇壮な荒馬踊に、「棒ふり」や扇を持った「ヤセヤセ踊り」(はやせはやせの略語で戦勝祝福の意)、頭に白髪をかぶった蝦夷(アイヌ民族)をかたどって帰順を表す「杵振舞」などで構成されています。これらの所作や音曲には、青森のねぶたのハネトと共通の要素がみられます。


今回は、「ヤセヤセ踊り」が出ていなく残念でした。今までは白符地区だけで伝承されてきましたが、人口減少・少子高齢化となり、白符小学校が2009年に廃校になり維持が困難となりつつ、健気に維持させています。お祭りの日程を土日に移動し、参加しやすい環境整備した影響があり、ここ数年白符荒馬踊りは例祭に参加している。

白符大神宮渡御祭 2012 荒馬踊り

白符大神宮渡御祭 2012 荒馬踊り
上2枚 白符荒馬踊り

白符大神宮渡御祭 2012 荒馬踊り 棒振り
棒振り舞

白符大神宮渡御祭 2012 荒馬踊り
荒馬踊り

いつもなら、神社行列に付いての取材を行いますが、この時は白符荒馬踊りをメインに取材をして行きます。
白符の人は、この荒馬踊りも楽しみにしているようで、観客も笑顔になります。素朴で何も飾り気の無い光景ではありますが、このような光景が一番安心する光景かもしれませんね。

白符大神宮渡御祭 2012 荒馬踊り 観客
荒馬踊りを見る人達

白符大神宮渡御祭 2012 荒馬踊り 休憩

白符大神宮渡御祭 2012 荒馬踊り 休憩
上2枚 神社行列と荒馬踊りの休憩

白符大神宮渡御祭 2012 荒馬踊り
荒馬踊りの太鼓

来年に参加出来そうな将来の担い手です。やはり祭りは楽しいのか、笑顔になります。

白符大神宮渡御祭 2012 荒馬踊り 子供
荒馬踊りの将来の担い手

白符大神宮渡御祭 2012 荒馬踊り

白符大神宮渡御祭 2012 荒馬踊り
上2枚 荒馬踊り

荒馬踊りが昼休みに入る頃に、神社行列が神社近くまで来ています。そこから神社行列の取材に入ります。白符大神宮は、休む暇がないところなのです。

祭礼が終了すると、鎮釜湯立式(ちんかまゆたてしき)が行われました。松前神楽は、三十三座(演目)あり、鎮釜湯立の神事十二座と舞楽二十一座で構成されています。この神事も松前神楽の1つです。

鎮釜湯立式とは、鎮火祭という火を鎮める神事です。釜でお湯を焚きホムスビノ神とミズハノメノ神をお祭りし、火(霊)を祓い清め、釜に向かい神歌を奏で鎮釜・鎮火を行います。また、湯笹で四方を拝し祓い清め除災招福を修します。また、この笹湯は祓われて外症状を治し、飲んで内症状を良くすると言われております。作物・漁獲量の吉凶を占う神事であります。

白符大神宮本祭 2012 松前神楽 鎮釜湯立式
鎮釜湯立式

奏上された神楽舞は、祝詞舞(のりとまい)、福田舞(ふくだまい)、山神舞(さんじんまい)、注連祓舞(しめはらいまい)、十二の手獅子舞・五方(じゅうにのてししまい・ごほう)の五座が行われました。

祝詞舞(のりとまい)、幣帛舞(みてくらまい)、榊舞(さかきまい)とも云います。
その神社の宮司が朝夕玉垣内に参進して、神域を祓い清め、神拝して御幣を奉るという、神職の神明奉仕の姿を表した舞いであります。函館と近郊の町で行われる際には、松前神楽奉納となる時、斎主(その神社の宮司)が最初に舞われる舞いです。

白符大神宮本祭 2012 松前神楽 祝詞舞
祝詞舞(のりとまい)

福田舞(ふくだまい)、跡祓舞(あとはらいまい)とも云います。跡祓舞(あとはらいまい)は、宵宮祭で獅子舞を行わない神社で、一番最後に行うことから跡祓(あとはらい)とも云います。四方の神々を拝し、祓い清めて干ばつ、暴水、火難の災いを除き、五穀豊穣を祈願する舞いであります。

白符大神宮本祭 2012 松前神楽 福田舞
福田舞

山神(さんじん)舞は、奥山の榊葉を持ち山神を表し、海鳥のしぐさを真似て山神にご覧になってもらい、おなぐさめ申し上げるというものであります。

白符大神宮本祭 2012 松前神楽 山神舞
山神舞(さんじんまい)

注連祓舞(しめはらいまい)、〆引(しめひき)、七五三祓舞(しめはらいまい)とも云います。白扇を四方四隅中央を祓い、真剣を抜き天井に十文字の縄を張った注連縄を切り払い、悪魔退散、国土安穏、千秋万歳を祝して舞われる舞いであります。

白符大神宮本祭 2012 松前神楽 注連祓舞
注連祓舞(しめはらいまい)

十二の手獅子舞・五方(じゅうにのてししまい・ごほう)
十二回手が変わるというので、十二の手獅子舞と云われています。一年十二ヶ月を形どり、獅子幕も十二反使用するを本格とするのであると云われています。五方とは、東西南北と正中(真ん中)を祓い固め蝦夷鎮定、国土安穏を祈る様を表しています。

白符大神宮本祭 2012 松前神楽 十二の手獅子舞 五方
十二の手獅子舞・五方(じゅうにのてししまい・ごほう)

7月15日に祭礼が集中しているという判断に困る日程であったが、毎年来ている白符大神宮例祭は、見ていて楽しくなるお祭りです。年数を重ねると、それ以上に白符の人とのふれあいもあり、「毎年来ているカメラマン」という言う風に声を掛けてくれます。私のようなよそ者を毎年見ていて、声掛けてくれるようになれば祭りはより楽しみを増してきます。祭りの様子で、その土地の人柄や風習を感じられる素晴らしい行事であると、感じずにはいられないですね。


良かったら、ブログランキングにご協力下さい。
にほんブログ村 写真ブログ 祭・イベント写真へ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

テーマ : お祭り&行事
ジャンル : 地域情報

tag : 北海道 福島町 郷土芸能 白符荒馬踊り 白符大神宮 松前神楽

コメントの投稿

非公開コメント

 やってますな。

 この時期、渡島地方は郷土芸能にわいていますね。
取材先が多く、休みと時間の制約の中での取材は大変ですね。

Re:  やってますな。

厳しいスケージュルの中、なんとか取材をしております。
プロフィール

及川 修

Author:及川 修
松前神楽は、松前藩主自ら祭主となり、藩の城内神事として行われ始めたのは1674年から明治の廃藩置県まで、神職により御城神楽として隔年に行われた大神事であり、その作法は厳格であります。約350年の歴史を持つ北海道道神事芸能で、比較的に開拓して歴史の浅い北海道では珍しい郷土芸能であります。松前藩主が松前神楽を見て、「よくできてそうろう」とおっしゃったことから、「良き候」とブログタイトルに入れ、松前神楽の魅力や北海道の郷土芸能を紹介しております。渡島・桧山地方では近くの神社で奏上されているので、お祭りの際は誰でも見学可能です。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
カウンター

リンク
スポンサー
ブログ内検索
コマーシャル
コマーシャル2
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。