スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

青森県八戸市 八戸えんぶり 2012年 その2

前回から引き続き、今年に行われた「八戸えんぶり」の取材です。

初日の朝から、長者山新羅神社からえんぶりが始まります。この神社で、摺(す)る組もあれば、簡単に済ます組もありました。本格的な摺(す)りは、この後に行われました。

八戸えんぶり 2012 長者山新羅神社

八戸えんぶり 2012 長者山新羅神社

八戸えんぶり 2012 長者山新羅神社
上3枚 長者山新羅神社に奉納する

時間になると、えんぶりの撮影会ということで、1組がえんぶりを披露しました。披露される周辺は、カメラマンが囲むようにして撮影します。勝手がわからないので、撮影に加わりました。

八戸えんぶり 2012 長者山新羅神社
八戸えんぶり撮影会

続きは「MORE」をクリック

良かったら、ブログランキングにご協力下さい。
にほんブログ村 写真ブログ 祭・イベント写真へ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
                           
 舞台は、街の中に進みます。神社での撮影会から、神社近くの公園に集合し、えんぶりの行列が行われました。えんぶり組の前は、長者山新羅神社の神社行列でありました。「えんぶり」はこの地の神事の1つなのだなと、感じられました。

 さらに進み、八戸市街の繁華街で一斉に行われたのが、「一斉えんぶり」であります。全ての組が本当に一斉に摺(す)りはじめます。いやはやこれは、全てを撮影するということは数年かかる仕事であります。本当に勝手がわからないので、目の前にいた組を撮影しました。
田植えの仕草を行いながら舞うのを披露されました(名前がわかりませんでした)。他の組では行われていなかったようにも感じました。

八戸えんぶり 2012 一斉摺り
田植えの仕草を舞う

えぼしを被った太夫は、数回に渡り摺(す)ります。

「摺り込み」
先頭の太夫が口上を述べ、扇とジャンギを額に当てて入場してくること。
「摺りはじめ」
最初の摺り。年の初めの祝い歌にはじまり、種まき、田んぼの代掻きを表している。
「中の摺り」
苗取りのうたに、田植えの踊りを舞う。
「摺り納め」
稲刈りが終わりクラに俵を積む場面を表す。



とあります。
太夫が摺(す)ると、祝福舞いが行われ、また太夫が摺(す)るというスタイルでありました。
八戸市繁華街の、三日町・六日町・十三日町・ヤグラ横丁で行われました。

八戸えんぶり 2012 一斉摺り

八戸えんぶり 2012 一斉摺り
一斉えんぶり

ここが終了すると、またえんぶり組が移動して行きました。何事も初めてなもので、勝手がわからず、祭りでの勘を頼り、行列の向かう先を先頭のえんぶり組について行きました。次の場所も、神社でも奉納えんぶりでした。

その3に続く

良かったら、ブログランキングにご協力下さい。
にほんブログ村 写真ブログ 祭・イベント写真へ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 祭り/イベント
ジャンル : 写真

tag : 青森県 八戸市 郷土芸能 八戸えんぶり 2012年

コメントの投稿

非公開コメント

 長年の経験が

 初めての祭りの撮影。勝手がわからず、四苦八苦でしょうが、ここはやはりこれまでの経験が役に立ちましたね。いつも撮り慣れた写真に見えますよ。
それにしても東北の郷土芸能も独特で面白いですね。
プロフィール

及川 修

Author:及川 修
松前神楽は、松前藩主自ら祭主となり、藩の城内神事として行われ始めたのは1674年から明治の廃藩置県まで、神職により御城神楽として隔年に行われた大神事であり、その作法は厳格であります。約350年の歴史を持つ北海道道神事芸能で、比較的に開拓して歴史の浅い北海道では珍しい郷土芸能であります。松前藩主が松前神楽を見て、「よくできてそうろう」とおっしゃったことから、「良き候」とブログタイトルに入れ、松前神楽の魅力や北海道の郷土芸能を紹介しております。渡島・桧山地方では近くの神社で奏上されているので、お祭りの際は誰でも見学可能です。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
カウンター

リンク
スポンサー
ブログ内検索
コマーシャル
コマーシャル2
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。