スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

上ノ国町 上ノ国八幡宮 新年門祓・初神楽祭 2012年

新春・神楽回りの旅、3日目になりました。(2012年1月3日(火))
今日は朝から出て行くこともなく、昨年では午後から門祓いということになっているので、少しだけ余裕がありました。元旦からのデータを少し書き出したりしているうちに出発の時間になり、上ノ国まで行きました。

連日の取材ですが、少々疲れておりますが、それなりに動けるものだなと感じております。今年は大厄の年であまり無理をしない年ということは、わかっていますがやめられない。正月から神楽を見るというのは、いいものだと感じざるを得ません。
今年の正月は、本当に穏やかな天気に恵まれていい年のようです。

上ノ国八幡宮
上ノ国八幡宮


続きは「MORE」をクリック

ブログランキングにご協力下さい。
にほんブログ村 写真ブログ 祭・イベント写真へ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

 
門祓い行列風景は、動画でご覧ください。



神社に戻り、2時間くらい時間が早く到着しました。足取りも昨年よりも少々早かったようです。

初神楽祭が行われ、正神楽が奏上されました。

正神楽
正神楽

今回行われた神楽舞は、御幣舞(ごへいまい)、白面(しろめん)、神遊舞(かんあそびまい)、三番叟(さんばそう)、千歳(せんざい)、番楽(ばんがく)、獅子舞(ししまい)が行われました。

御幣舞
御幣舞(ごへいまい)

白面
白面(しろめん)

神遊舞
神遊舞(かんあそびまい)

三番叟
三番叟(さんばそう)

千歳
千歳(せんざい)

番楽
番楽(ばんがく)


獅子舞
獅子舞(ししまい)

檜山方面には、渡島方面で行われている「松前神楽」とは、楽から舞いまで異なります。神歌は、あまり変わらいので、「松前神楽」の流れを組む神楽舞であります。楽のテンポも渡島で行われている「松前神楽」よりも少々早めであるようにも感じられます。謎の多い所もあるので、解説は付けません。数年前から見ておりまして、檜山だけ行われている神楽舞も好きになりました。今後も厳格に守られている神楽や風習を取材して行こうと考えています。

ブログランキングにご協力下さい。
にほんブログ村 写真ブログ 祭・イベント写真へ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 祭り/イベント
ジャンル : 写真

tag : 北海道 神事 上ノ国町 上ノ国八幡宮 門祓い 初神楽祭

コメントの投稿

非公開コメント

こりゃ大変だ

 改めて北海道の正月行事は気候的に厳しいものがありますね。特に笛を吹く楽人さんは手袋ができないから大変そうです。
プロフィール

及川 修

Author:及川 修
松前神楽は、松前藩主自ら祭主となり、藩の城内神事として行われ始めたのは1674年から明治の廃藩置県まで、神職により御城神楽として隔年に行われた大神事であり、その作法は厳格であります。約350年の歴史を持つ北海道道神事芸能で、比較的に開拓して歴史の浅い北海道では珍しい郷土芸能であります。松前藩主が松前神楽を見て、「よくできてそうろう」とおっしゃったことから、「良き候」とブログタイトルに入れ、松前神楽の魅力や北海道の郷土芸能を紹介しております。渡島・桧山地方では近くの神社で奏上されているので、お祭りの際は誰でも見学可能です。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
カウンター

リンク
スポンサー
ブログ内検索
コマーシャル
コマーシャル2
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。