スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福島町 福島大神宮渡御祭 2日目

昨日の行列2日目であります。
今朝2時までいろいろとあり、それでも行列の撮影に行きます。昨日、足を痛めた猿田彦が骨折し、参加出来なくなり急遽ピンチヒッターで本日の渡御を継続いたします。今までにない事例だけに、周囲の人は前代未聞のことで少し笑顔です。ピンチヒッターは、昨日まで袖引きをして猿田彦の横にいた、猿田彦経験者であります。

月崎神社にて

月崎神社にて
出発前

神輿も元気に出発です。月崎神社を出発し、町の中を練り歩き、国道に出た所で午前は終了です。

神輿
神輿


ブログランキングにご協力下さい。
にほんブログ村 写真ブログ 祭・イベント写真へ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

 
行列は、四箇散米行列奴行列と続きます。

四箇散米行列
四箇散米行列 剣合わせ

奴行列
奴行列

奴行列
奴行列

ふと神社行列の後ろのトラックに、今日の天候を祈ってか、てるてる坊主が吊るされていました。

てるてる坊主

神社行列の後ろに、踊り山車が続きます。踊り山車は、賑やかに町内を踊ります。

踊り山車

踊り山車

踊り山車

踊り山車

踊り山車

踊り山車

踊り山車
上7枚 踊り山車

宮司と
挨拶する宮司

神輿のご祝儀を貰ったときは大きい声で、ご祝儀いただいた名前を言い、「ワッショイ」と神輿が宙に舞います。
声がハスキーになり、かなりいい声でした。

ご祝儀の口上

午前の旅所にて神事が行われて、午前は終了です。

旅所にて
旅所にて

お昼は、カレーライスをいただきました。正直、昨日から歩いているので足が辛いです。
おいしいカレーをいただきました。ご馳走さまでした

お昼をいただく
昼食の賄い

午後からは、日向地区まで行き、引き返して福島大神宮まで戻ります。

猿田彦
出発を待つ猿田彦

横綱記念館の前を通り、松前方面(日向地区)に向かいます。

横綱記念館前
横綱記念館を通り過ぎる行列

神社行列先頭
神社行列

最後の見せ場は、神社行列が福島大神宮に戻り階段を上がって本殿までで終了です。最後まで、四箇散米行列奴行列は立派でした。

四箇散米行列
四箇散米行列

奴行列
奴行列

神輿の御霊の還御祭が行われて、渡御祭は終了です。社務所にて、直会(なおらい)となります。
行列に参加された人の労いをします。猿田彦の交代ということもあり、無事に今日の渡御が終わりました。

直会
直会(なおらい)

毎年渡御も取材させてもらいながら、街を練り歩き、福島町の事をまた詳しくなりました。
福島町の行列は、見ていても素晴らしいです。旗1つ持っても、決して肩に掛けて歩いたりせず、最後まで両手に持って神社まで戻っています。四箇散米行列、奴行列も素晴らしいので、一度ご覧になる価値はあると思います。

ブログランキングにご協力下さい。
にほんブログ村 写真ブログ 祭・イベント写真へ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 祭り/イベント
ジャンル : 写真

tag : 北海道 福島町 福島大神宮渡御祭 神社行列 四箇散米行列 奴行列

コメントの投稿

非公開コメント

 多くの皆さんに支えられて

 予想以上に大きな祭りなんですね。多くの裏方さんの存在がわかります。
それにしてもトラックに吊るされたテルテル坊主が面白いですが、運転手のおじさんの表情がとても良いです。
プロフィール

及川 修

Author:及川 修
松前神楽は、松前藩主自ら祭主となり、藩の城内神事として行われ始めたのは1674年から明治の廃藩置県まで、神職により御城神楽として隔年に行われた大神事であり、その作法は厳格であります。約350年の歴史を持つ北海道道神事芸能で、比較的に開拓して歴史の浅い北海道では珍しい郷土芸能であります。松前藩主が松前神楽を見て、「よくできてそうろう」とおっしゃったことから、「良き候」とブログタイトルに入れ、松前神楽の魅力や北海道の郷土芸能を紹介しております。渡島・桧山地方では近くの神社で奏上されているので、お祭りの際は誰でも見学可能です。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
カウンター

リンク
スポンサー
ブログ内検索
コマーシャル
コマーシャル2
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。