スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

江差町 姥神大神宮渡御祭 上町巡幸2011 その2

祭りも夜に入ると、一番盛り上がると云われている新地町の山車(やま)の大集合には、人で酔ってしまうので、切り声披露までいないで、神社前で山車(やま)のお参りを待っておりました。
新地に入る山車(やま)と盛り上がりの風景は、最後の動画でお楽しみ下さい。

夕方、一息入れての山車(やま)の巡行がクライマックスに向けて動き出しました。坂道はキツイです。でもお互いに声を出して、坂を登ります。

夕方の山車

夕方の山車

「More」で続きます!

ブログランキンングにご協力下さい。
にほんブログ村 写真ブログ 祭・イベント写真へ
にほんブログ村
にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村
夜が深くなり、山車(やま)に電気が灯され、一層雰囲気良くなっていきます。
最終日の最後の最後まで、山車(やま)はお囃子を止める事も無く、進行して行きます。笛、太鼓、手拍子の担当も大人に流れて行きます。
写真は、祭り人を中心に貼って行きます。

山車笛吹き
祭り

松寳丸 笛吹き
祭り

松寳丸
祭り

祭り人
祭り

山車(やま)が新地の街を巡行している頃、神社では猿田彦が神社に入りました。

神社に入る猿田彦
猿田彦

この日の宿入れの義が、行われました。2日目の宿入れの義は、前日の宿入れの義よりも見学客も少なく粛々と行われました。

宿入れの義
宿入れの義

宿入れの義を撮影し、すぐに新地に向い13台の山車(やま)が揃い、大賑わいとなります。

新地に入る山車(やま)

切り声

盛り上がる祭り人

新地に集まる山車

新地での風景はこれくらいにして、本当の最後のお参りを待つのに神社前で、山車(やま)を待つ事にしました。
続々と山車(やま)が神社に、無事に巡行したことの報告とお参りにやってきます。どうしても来れない山車(やま)は、御幣を持った2人と、笛、太鼓、太鼓持ち各1人でやってきてお参りします。

神社に到着する先山
先山であった清正山

最後のお参りを終了
お参り終了

最後のお参り

最後のお参り

最後のお参り

最後のお参り

最後のお参り

最後のお参り

最後のお参り

最後のお参り

お参りが終わると、各町内に戻り直会(なおらい)が行われて、祭りが終了します。
山車(やま)が戻る写真を最後に、今年の姥神大神宮渡御祭取材は終了しました。今年も雨に少々打たれましたが、事故無く行われました。
私的にも、この日程で2日間に渡り取材出来るとは思いませんでした。江差の人に呼ばれているように、来れたことを感謝しております。

最後のお参り

今年は、神社行列よりも山車(やま)を中心に取材させてもらいました。
祭りを拝見していると、その町の特色があり、人の元気も伺えます。本当にまた来たいと思わせる祭りが残って行く事を願いつつ、

結構なお祭りでした・・・




ブログランキンングにご協力下さい。
にほんブログ村 写真ブログ 祭・イベント写真へ
にほんブログ村
にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村

 

テーマ : 祭り/イベント
ジャンル : 写真

tag : 北海道 江差町 姥神大神宮渡御祭 山車 上町巡幸 祭り

コメントの投稿

非公開コメント

北海道ナンバーワンの祭り

 大盛り上がりですね。動画も、写真も祭りの臨場感が伝わってきます。規模が広いので、目的の撮影はあっち行ったりこっち行ったりと、忙しいですね。
プロフィール

及川 修

Author:及川 修
松前神楽は、松前藩主自ら祭主となり、藩の城内神事として行われ始めたのは1674年から明治の廃藩置県まで、神職により御城神楽として隔年に行われた大神事であり、その作法は厳格であります。約350年の歴史を持つ北海道道神事芸能で、比較的に開拓して歴史の浅い北海道では珍しい郷土芸能であります。松前藩主が松前神楽を見て、「よくできてそうろう」とおっしゃったことから、「良き候」とブログタイトルに入れ、松前神楽の魅力や北海道の郷土芸能を紹介しております。渡島・桧山地方では近くの神社で奏上されているので、お祭りの際は誰でも見学可能です。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
カウンター

リンク
スポンサー
ブログ内検索
コマーシャル
コマーシャル2
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。