スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北海道新聞道南版「いさり火」掲載

8月28日(日)に、松前神楽の解説と撮影秘話を書いたのが掲載されました。
紙面に、松前神楽の事を記載させてもらい感謝しております。
大きく掲載されましたので、多くの方々からお声をいただきました。正直、お恥ずかしいのですが、秋のシーズンのお祭りに少しでも神社に足を運んで、松前神楽を見てもらえるように解説と撮影の苦労話と、このブログの事を少し入れて紹介させてもらいました。

北海道新聞道南版2011年8月28日(日)いさり火
クリックして大きくしてご覧下さい。

昨日の、福島町のそばの花鑑賞会でも声をかけていただきありがとうございました。
あの記事で、入場された方もいらっしゃったようで、感謝申し上げます。

只今、他の取材が溜まり、ブログの更新が滞っています。もう少しお待ちください。


ブログランキングにご協力下さい。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 道南情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 祭・イベント写真へ
にほんブログ村

 

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

tag : 北海道 神楽 松前神楽 北海道新聞

コメントの投稿

非公開コメント

おぉ、

 長年の積み重ねが、徐々に花が開いてきましたね。素晴らしい。

Re: おぉ、

ありがとうございます。とにかく感謝です。

ライター募集

空いた時間で手軽に副収入を稼ぎませんか?ライター募集のご案内です!プロのライターじゃなくても大丈夫です。真面目に取り組んでいただける方をお待ちしております!

主婦 副業

主婦の方にぴったりの副業を初めてみませんか?在宅で出来るので時間にとらわれずにお仕事していただけます。真面目に取り組んで頂ける方からの募集をお待ちしております。
プロフィール

及川 修

Author:及川 修
松前神楽は、松前藩主自ら祭主となり、藩の城内神事として行われ始めたのは1674年から明治の廃藩置県まで、神職により御城神楽として隔年に行われた大神事であり、その作法は厳格であります。約350年の歴史を持つ北海道道神事芸能で、比較的に開拓して歴史の浅い北海道では珍しい郷土芸能であります。松前藩主が松前神楽を見て、「よくできてそうろう」とおっしゃったことから、「良き候」とブログタイトルに入れ、松前神楽の魅力や北海道の郷土芸能を紹介しております。渡島・桧山地方では近くの神社で奏上されているので、お祭りの際は誰でも見学可能です。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
カウンター

リンク
スポンサー
ブログ内検索
コマーシャル
コマーシャル2
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。