スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

江差町 姥神大神宮渡御祭 下町巡幸2011 その2

前回に引き続き、江差町姥神大神宮渡御祭の取材の続きです。

集合前に突然の雨が降り、今年も雨に当たるのかと思われましたが、キリッと晴れたり曇ったりを繰り返しのあいにくの天候でありました。祭り囃子コンクール終了後、また怪しい天候になり、ゲリラ豪雨がやってきました。
前回までの映像に繋げてみました。編集等にもまだ下手でありますが、祭りの雰囲気だけ見られればと思います。



山車(やま)が神社前に集合し、祭り囃子コンクールも行われて、最中に神社行列が出発しましたが、ここまで動画を撮影すぎたので、一度バックアップに車に戻りました。バックアップ最中に、またゲリラ豪雨がやってきました。過ぎるまでの映像はありませんが、小降りになってから車から出て、旧中村家に向いました。
山車(やま)は、その中でも進行していて、止まっていません。

姥神大神宮渡御祭 下町巡幸 蛭子山
恩師の笛の音も今年も聞けました。

祭り人は、ご祝儀をもらうと休んで行くことを勧められます。その場がオアシスになります。御馳走を振舞ってくれます。誰でも受けられますが、声をかけられたら私も少し御馳走になります。この場でいろいろな事を聞く事ができます。江差の祭りの心が見えます。あくまでも謙虚に、御馳走になります。

姥神大神宮渡御祭 下町巡幸 休憩場
巡幸のオアシス

姥神大神宮渡御祭 下町巡幸
山車・松寳丸 今年は雨天のため帆が出ませんでした。

姥神大神宮渡御祭 下町巡幸
休憩中

今年は神社行列にあまり付きませんでした。主に山車(やま)メインに撮影しました。
今回は、更に続きます。「MORE」をクリックして下さい。

ブログランキングにご協力下さい。
にほんブログ村 写真ブログ 祭・イベント写真へ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村



笹山稲荷神社に神社行列が入り、旅所での神事が行われている少し前に追いつきました。

姥神大神宮渡御祭 下町巡幸 笹山稲荷神社
笹山稲荷神社にて

天気も雨の見込みが少なくなってきたと見えて、出発前にビニールや夜に向けての飾り付けが行われました。

姥神大神宮渡御祭 下町巡幸 笹山稲荷神社
夕方の巡幸に向けて準備

猿田彦も神社から下がって、行列の準備をします。

姥神大神宮渡御祭 下町巡幸 笹山稲荷神社 猿田彦
猿田彦

姥神大神宮渡御祭 下町巡幸 笹山稲荷神社
準備は続く

姥神大神宮渡御祭 下町巡幸 神輿
巡幸は進み、愛宕神社前にて

愛宕町で小休憩で、猿田彦と神社行列者のお宿であります。

姥神大神宮渡御祭 下町巡幸 猿田彦の宿到着
宿に入る猿田彦

いよいよ、夕日が沈み祭りは盛り上がってまいります。
その3に続きます。

ブログランキングにご協力下さい。
にほんブログ村 写真ブログ 祭・イベント写真へ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 祭り/イベント
ジャンル : 写真

tag : 北海道 江差町 姥神大神宮渡御祭 下町巡幸 姥神さん 山車

コメントの投稿

非公開コメント

はじめまして

私は熊石出身のものです。姥神さんのお祭りで検索したらここにたどり着きました。道南の郷土芸能懐かしく思います。熊石も江差と同じくらいの歴史があり、山車8台が町内を巡行する根崎神社例大祭があります。江差には負けますが来年ぜひ熊石にも来てください。今年の様子をアップしました。ぜひみてください。→http://www.youtube.com/watch?v=wmuMcTCTORw

雰囲気が伝わります

 動画、、祭りの雰囲気がとてもよく伝わります。豪雨の様子も。先生の笛の音も聞きたいですね。

Re: はじめまして

じょー さん

書き込みありがとうございます。
熊石の根崎神社例大祭、気にしておりました。日本海沿いのお祭りは山車が出るので、追っかけてみたいと感じております。
動画も拝見しました。じょー さんの動画、大変参考になります。これからも参考にさせてもらいます。
来年行けるという確証はできませんが、訪問したいと思います。

Re: 雰囲気が伝わります

不名誉.com さん

ありがとうございます。動画効果は写真以上ですね。
プロフィール

及川 修

Author:及川 修
松前神楽は、松前藩主自ら祭主となり、藩の城内神事として行われ始めたのは1674年から明治の廃藩置県まで、神職により御城神楽として隔年に行われた大神事であり、その作法は厳格であります。約350年の歴史を持つ北海道道神事芸能で、比較的に開拓して歴史の浅い北海道では珍しい郷土芸能であります。松前藩主が松前神楽を見て、「よくできてそうろう」とおっしゃったことから、「良き候」とブログタイトルに入れ、松前神楽の魅力や北海道の郷土芸能を紹介しております。渡島・桧山地方では近くの神社で奏上されているので、お祭りの際は誰でも見学可能です。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
カウンター

リンク
スポンサー
ブログ内検索
コマーシャル
コマーシャル2
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。