スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

函館市 赤沼本山妙要寺 うしみつ参り2011

昨年初めて訪問させてもらった、赤沼本山妙要寺うしみつ参りを今年も取材しようとまた同行させてもらいました。今回は、有志の2人を同行しての赤沼までのお参りであります。

純粋にお参りとするということから、今年はカメラは、赤沼さんに着いてから行いました。
午後9時過ぎに法要が行われました。午後11時頃に集合し、全員で「南無妙法蓮華経」と唱えつつ、ゆっくりと進行して行きます。途中、休みを数回入れ、無事に赤沼さんまで到着しました。

赤沼本山妙要寺 うしみつ参り
赤沼での法要

赤沼本山妙要寺 うしみつ参り
赤沼での法要

カメラ的にも厳しい条件の上、最大に感度を上げて撮影しました。深夜の赤沼さんでの法要の様子であります。
今年も無事にお参りできました。今年は有志2人の参加が加わり、少々気が軽かったですね。
来年も行ければ、行こうと考えております。このブログをご覧の方々で、興味のある方はメールにてお知らせ下さい。皆さんで行ければ、楽しい修行を行いませんか?

ブログランキングにご協力下さい。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 道南情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 祭・イベント写真へ
にほんブログ村

  

テーマ : 祭り/イベント
ジャンル : 写真

tag : 北海道 赤沼本山妙要寺 うしみつ参り 南無妙法蓮華経

コメントの投稿

非公開コメント

今年も

お、今年も暗闇の中を歩いて赤沼に行きましたね。幻想的な雰囲気が伝わります。ワタシも有志の一人に入りたかったです。

Re: 今年も

来年、是非行きましょう!
プロフィール

及川 修

Author:及川 修
松前神楽は、松前藩主自ら祭主となり、藩の城内神事として行われ始めたのは1674年から明治の廃藩置県まで、神職により御城神楽として隔年に行われた大神事であり、その作法は厳格であります。約350年の歴史を持つ北海道道神事芸能で、比較的に開拓して歴史の浅い北海道では珍しい郷土芸能であります。松前藩主が松前神楽を見て、「よくできてそうろう」とおっしゃったことから、「良き候」とブログタイトルに入れ、松前神楽の魅力や北海道の郷土芸能を紹介しております。渡島・桧山地方では近くの神社で奏上されているので、お祭りの際は誰でも見学可能です。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
カウンター

リンク
スポンサー
ブログ内検索
コマーシャル
コマーシャル2
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。