スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

松前町 さくらまつり 郷土芸能大公開

松前町さくらまつり期間内中に毎年行われている、「郷土芸能大公開」を取材しました。
もう5月に入り、そろそろこの手の取材も多くなります。

毎年行われていて、取材もしているので新鮮な気持ちになりませんが、この時を逃すと1年待たなければならないような郷土芸能もあるので行くようにしております。

行われた郷土芸能は、月島奴振り、松前祇園ばやし、江良杵振舞、白神タナバタ、松前沖揚げ音頭が行われました。月島奴振りが最初で、松前神社前から行進してきました。

松前町 郷土芸能大公開 月島奴振り
月島奴振り

ブログランキングにご協力ください。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 道南情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村

 
松前祇園ばやしは、山車の囃子であります。梅ケ枝(踊り付き)、五人囃子、紅葉狩り、桜狩り(踊り付き)が行われました。趣のある楽曲であります。

松前町 郷土芸能大公開 松前祇園ばやし01

松前町 郷土芸能大公開 松前祇園ばやし02
上2枚 松前祇園ばやし

江良杵振舞は、幕末に江良地区に伝承されたといわれています。南部七夕踊りの流れを組み、松前神楽の四箇散米舞(しかさごまい)の影響を受け、現在の形になったと考えられています。踊りは、笛・太鼓の囃子と「ヤレヤレ、ソラヤレ」のかけ声にあわせて踊り、現在もお祭りやイベントなどで披露されています。
子供等の杵を振る様は微笑ましいですね。

松前町 郷土芸能大公開 江良杵振舞01

松前町 郷土芸能大公開 江良杵振舞02
上2枚 江良杵振舞

白神タナバタは、起源・伝承は不明とされていまして、幕末から保存されてきたと云われます。福島町白符地区に伝わる「荒馬踊り」とそっくりであります。説によると、福島の荒馬から伝わったというもあります。演技内容は、「太刀振舞(棒踊り・扇踊り)」「杵振舞」「荒馬」 の三種で、主に7月の白神・三社神社の祭礼に街頭で演技されます。大人から子供まで参加しており、その地区の協力体制が強く見られた。子供がヤセヤセを踊る姿は、微笑ましいですね。

松前町 郷土芸能大公開 白神タナバタ01

松前町 郷土芸能大公開 白神タナバタ02
上2枚 白神タナバタ

沖揚げ音頭は松前だけではなく、日本海沿いにかけて伝承されて残っています。江差町の姥神大神宮渡御祭で、行われている「切り声」は、沖揚げ音頭部分を唄っています。ニシン漁の歴史から見ても、福島、松前とニシン漁の漁夫が移って行き、沖揚げ音頭に変化を加えられて、その土地の沖揚げ音頭として残っていると思われます。これは私の持論でありまして、証明されたものではありませんが、同じ節回しや歌詞があるので、そう感じております。

松前町 郷土芸能大公開 松前沖揚げ音頭01

松前町 郷土芸能大公開 松前沖揚げ音頭02
上2枚 松前沖揚げ音頭

郷土芸能としては、いい時代ではありません。少子化で、担い手がそろわないので維持・継続が難しい時代であります。松前町のさくらまつりでは、郷土芸能の維持・継続していくための行事の1つであり、それを見なければいつ無くなっても不思議ではない時代であります。継続はチカラであります。続ける事で次の世代に継承しなければなりませんので、出来る限り継続して欲しいと思わざるを得ません。

ブログランキングにご協力ください。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 道南情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村


 

テーマ : 日本文化
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 北海道 郷土芸能 松前町 さくらまつり

コメントの投稿

非公開コメント

各地域の

 松前町も面積が広く、各集落で独自の郷土芸能があったりしますね。それだけ北海道では歴史の古い地域なのでしょう。漁師町に多く、長く継続されているところが多いですね。

Re: 各地域の

郷土芸能は、歴史と文化を一度に見ることの出来るものです。
一度、ご覧になって見て下さいね。
プロフィール

及川 修

Author:及川 修
松前神楽は、松前藩主自ら祭主となり、藩の城内神事として行われ始めたのは1674年から明治の廃藩置県まで、神職により御城神楽として隔年に行われた大神事であり、その作法は厳格であります。約350年の歴史を持つ北海道道神事芸能で、比較的に開拓して歴史の浅い北海道では珍しい郷土芸能であります。松前藩主が松前神楽を見て、「よくできてそうろう」とおっしゃったことから、「良き候」とブログタイトルに入れ、松前神楽の魅力や北海道の郷土芸能を紹介しております。渡島・桧山地方では近くの神社で奏上されているので、お祭りの際は誰でも見学可能です。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
カウンター

リンク
スポンサー
ブログ内検索
コマーシャル
コマーシャル2
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。