スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

厚沢部町 新春町内鹿子舞交流会

数年前から一度行きたいと思っていました、厚沢部町の「鹿子舞」の交流会を取材してきました。
通常、「獅子舞」と書きますがこの地区の獅子舞は「鹿子舞」なのであります。

会場は、厚沢部町町民交流センター「あゆみ」で行われました。新しい施設のようです。

今回出演した鹿子舞は、当路鹿子舞富栄鹿子舞(土橋鹿子舞)の2つが行われました。上里鹿子舞も出演される予定でしたが、都合上出演できないとのでした。

鹿子舞実演
鹿子舞交流会

当路鹿子舞は、林業が盛んであった当路地区では、木材の流送作業に従事する若者が多く、厚沢部川河口の土場(現・江差町柳崎町)で仙夫や流送人夫として従事していました。土場集落に古くあった鹿子舞を見て感動した若者連中が、明治30年に土場に鹿子分けを願い、以来、今日に至っています。踊りの動作は他地区の鹿子とほとんど変わりませんでしたが、明治40年に角田源次郎が動作の一部を変え、激しい踊りにしたと云われています。終始中腰の姿勢を保つ、激しい踊りが特徴です。
※新春町内鹿子舞交流会パンフレットより引用

当路鹿子舞01
当路鹿子舞

当路鹿子舞02
当路鹿子舞

当路鹿子舞が終わると、鹿子舞の解説が行われました。親子に渡りこの鹿子舞を行っていて、代々にこの郷土芸能が伝わっていました。少子化の時代に、この鹿子舞を継承しようとする子供等のチカラを感じました。
次は、富栄鹿子舞(土橋鹿子舞)が行われました。

富栄鹿子舞(土橋鹿子舞)は、延宝年間(1647年頃)南部津軽衆がこの地に移住した際に、鹿子踊りを伝えたと云われています。文化5年(1808年)の古い記録には、土橋の鹿子踊りが江差の市中で踊られているが記されています。祭事や祝賀、お盆にこれを舞い、豊年満作、五穀豊穣を祈願して今日まで伝承されています。
※新春町内鹿子舞交流会パンフレットより引用

富栄鹿子舞01
富栄鹿子舞(土橋鹿子舞)

富栄鹿子舞02
富栄鹿子舞(土橋鹿子舞)

交流会が終了しふと見ると、美和権現舞の笛吹きの方と会い、ご挨拶申し上げました。
権現舞も出る予定でしたが、舞い手の病気で出れなかったようです。神社では練習していたようであります。

今回は2つしか見れませんでしたが、今後も交流会を継続して欲しいと感じました。

アクセスランキングにご協力下さい。よろしくお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 祭・イベント写真へ
にほんブログ村

テーマ : 祭り/イベント
ジャンル : 写真

tag : 北海道 厚沢部町 鹿子舞 当路鹿子舞 富栄鹿子舞

コメントの投稿

非公開コメント

いつも通りすぎるだけの

厚沢部町は車でいつも通過するだけで、よく知りませんが、ここでも歴史が古く、伝統芸能が継承されていますね。
観客席には空きが目立ったようですが、、、

Re: いつも通りすぎるだけの

不名誉.comさん

そうなのです。檜山地区は、歴史は深いのです。本州からの郷土芸能の伝承であります。
会場なのですが、前は来賓と観客なのですが観客席は、後ろでありましてそちらの方が人が多かったですよ。
プロフィール

及川 修

Author:及川 修
松前神楽は、松前藩主自ら祭主となり、藩の城内神事として行われ始めたのは1674年から明治の廃藩置県まで、神職により御城神楽として隔年に行われた大神事であり、その作法は厳格であります。約350年の歴史を持つ北海道道神事芸能で、比較的に開拓して歴史の浅い北海道では珍しい郷土芸能であります。松前藩主が松前神楽を見て、「よくできてそうろう」とおっしゃったことから、「良き候」とブログタイトルに入れ、松前神楽の魅力や北海道の郷土芸能を紹介しております。渡島・桧山地方では近くの神社で奏上されているので、お祭りの際は誰でも見学可能です。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
カウンター

リンク
スポンサー
ブログ内検索
コマーシャル
コマーシャル2
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。