スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

木古内町 佐女川神社・寒中みそぎ 海中みそぎ 2011年

昨夜に続き、木古内町寒中みそぎの取材であります。
昨夜は遅くまで残っていましたが、ギャラリーの方も昨年よりも多く、私も遅く帰ろうと思っていても、これから見ようとしている観客もいて、この祭りの認知度が高くなってきている証拠です。

この日も、出発式の終わりに到着し取材させてもらいました。
この日の為の水ごりでしたので、2日間の荒行で無事に御神体を清めて戻ってくれるでしょう。
流石に佐女川は、氷がはっていて昨年よりも厳しい条件であったと思われます。

冬の佐女川
当日の佐女川

佐女川神社
出発前の佐女川神社

アクセスランキングにご協力下さい。よろしくお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 祭・イベント写真へ
にほんブログ村
出発式があ終了すると、いよいよみそぎ浜まで行きます。

行修者
出発式を終えてのひととき

御神体を抱えて、周りに警護されながら進みます。4人にはそれぞれ役回りがあります。
別当は、4年目が務め今年で卒業生となります。別当の権限は、水ごりを行うということであります。神社に籠っている最中では、別当の胸三寸で決まることもあります。
3年目の役割は、稲荷を担当します。拝殿の側にある稲荷の社に、油揚げをお供えしたりします。2年目は山の神を担当します。今年の新人さんが担当するのは、弁財天であります。3日間の呼び名は、「別当」「稲荷」「山の神」「弁財天」とそれぞれを呼びます。

ご神体を持っての行修者
御神体を持つ行修者

この時、笛、太鼓が鳴り行列が行進します。楽は、お祭りで行われる「行列の曲」であります。

神社を出る行修者
神社を出る行修者

外に出て、町民の皆さんは行列を見守ります。

見守る町民
見守る木古内町

行列の模様を動画で公開します。段々と聞こえてくる笛、太鼓の音色を聞いてみて下さい。



みそぎ浜では、みそぎ太鼓の披露も行わていました。

みそぎ太鼓
みそぎ太鼓

さていよいよ海中沐浴で、御神体を清める神事が行われます。この時の海は晴れていましたが、いざと言うときに曇ってきました。

行修者の通る道
行修者の道

海中に入る時は、報道陣とカメラマンでごった煮状態なので、そこは撮影出来ませんした。
海に入り、少し先の沖まで泳ぎ戻ってきて、御神体を清めます。これをもう一度繰り返します。

海中沐浴する行修者
泳ぐ行修者

御神体を清める
御神体を清める

心配そうに見守る関係者であります。声を出して指示を出します。

見守る元行修者
これらの様子を見守る、元行修者

海中沐浴を終え、みそぎ浜での水ごりが披露されます。この時の盛り上がりはピークであります。

みそぎ浜での水ごり
水ごり

最後に観客に向けて、水ごりの水の福をお裾分けであります。行修者が掛ける水を浴びると、1年間の無病息災であると言われています。私もカメラを守りながら少しだけ福をいただきました。

観客にも水ごりのお裾分け
会場四方に水ごりの水の福をお裾分け

無事に神事が終わり、御神体を抱えて会場を後にする行修者であります。達成感が伝わります。

無事に終了する行修者
みそぎ浜での神事を終える行修者

今年も寒中みそぎの取材はここまでであります。この後、神社では本祭が行われますが、この後にまた取材が控えていましたのでそちらに向いました。その前に、長靴に穴が空いていましたので、片方の靴が凍てつく寒さ状態でしたので、近くで靴下を購入し、福島町の川濯神社のお祭りに行きました。

連日の取材にも関わらず、行修者のお守りをしている元・行修者さん達にもお世話になりつつ、取材が出来ています。この場を借りて感謝申します。地元の人でこの祭りを維持出来ない状況になりつつあるこの神事をこれからも見守って行きたいと感じています。

アクセスランキングにご協力下さい。よろしくお願いします。
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 祭・イベント写真へ
にほんブログ村

テーマ : 祭り/イベント
ジャンル : 写真

tag : 北海道 木古内町 佐女川神社 寒中みそぎ 神事 行修者

コメントの投稿

非公開コメント

 みんな真剣そのもの

 神社から、海まではかなり距離がありますね。、警察官も協力して海まで向かうのですね。
それにしても、雪がチラチラでとても寒そうです。笛と太鼓の音色は清部の時と似ていますね。

Re:  みんな真剣そのもの

不名誉.comさん

今年は寒かったです。行修者もこの厳しい季節を乗り越えていましたね。
プロフィール

及川 修

Author:及川 修
松前神楽は、松前藩主自ら祭主となり、藩の城内神事として行われ始めたのは1674年から明治の廃藩置県まで、神職により御城神楽として隔年に行われた大神事であり、その作法は厳格であります。約350年の歴史を持つ北海道道神事芸能で、比較的に開拓して歴史の浅い北海道では珍しい郷土芸能であります。松前藩主が松前神楽を見て、「よくできてそうろう」とおっしゃったことから、「良き候」とブログタイトルに入れ、松前神楽の魅力や北海道の郷土芸能を紹介しております。渡島・桧山地方では近くの神社で奏上されているので、お祭りの際は誰でも見学可能です。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
カウンター

リンク
スポンサー
ブログ内検索
コマーシャル
コマーシャル2
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。