スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

厚沢部町美和地区 美和八幡神社 宵宮祭 2010

昨年同様に、厚沢部の獅子舞と神楽舞いを拝見しにやってきました。
厚沢部町に活動している鹿子舞は、4つあるうちの1つの「目名権現獅子舞」は、鹿ではない獅子舞であります。他の3カ所は「鹿」が出てきます。

おおまかな目名権現獅子舞の説明は、昨年のデータを参照下さい。

miwa_2010_01.jpg
美和八幡神社

奉納された神楽舞いは、御幣舞(ごへいまい)、鈴上げ、番楽(ばんがく)、獅子舞(ししまい)の4座であります。美和八幡神社は、参拝者も多く、神楽を見に来る方も少なくないです。そして権現獅子舞まで、最後まで本殿にいて、神楽舞いを楽しんでいるようであります。

miwa_2010_02.jpg
御幣舞(ごへいまい)

miwa_2010_03.jpg
鈴上げ

miwa_2010_04.jpg
番楽(ばんがく)

miwa_2010_05.jpg
獅子舞(ししまい)

檜山松前神楽の奏上が終わり、目名権現獅子舞が行われました。地元に根付いた獅子舞だけに、神歌の所になるとつぶやく程度ですが、観客の方から神歌が聞こえてきました。
今日は、白狐は出ないということなので獅子だけの奉納になりました。

miwa_2010_06.jpg
目名権現獅子舞

miwa_2010_07.jpg
目名権現獅子舞

郷土芸能の現状は、なんとか維持しているという状況でありまして、目名権現獅子舞も安泰という訳ではありません。舞い手や笛・太鼓の人に万が一があると、できなくなる状況であります。この地区で若い人も多い訳ではなく、伝承・維持がいかに難しいものかと実感します。こればかりは、「人」がいなければ成立しません。そういう意味でも「記録する」ということは大切だなと感じさせられました。

       

テーマ : 祭り/イベント
ジャンル : 写真

tag : 北海道 郷土芸能 厚沢部町 目名権現獅子舞 檜山 松前神楽

コメントの投稿

非公開コメント

確かに

 そのとおりですね。記録。写真に動画に記録を続けていってください。貴重な資料になるかもしれません。
プロフィール

及川 修

Author:及川 修
松前神楽は、松前藩主自ら祭主となり、藩の城内神事として行われ始めたのは1674年から明治の廃藩置県まで、神職により御城神楽として隔年に行われた大神事であり、その作法は厳格であります。約350年の歴史を持つ北海道道神事芸能で、比較的に開拓して歴史の浅い北海道では珍しい郷土芸能であります。松前藩主が松前神楽を見て、「よくできてそうろう」とおっしゃったことから、「良き候」とブログタイトルに入れ、松前神楽の魅力や北海道の郷土芸能を紹介しております。渡島・桧山地方では近くの神社で奏上されているので、お祭りの際は誰でも見学可能です。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
カウンター

リンク
スポンサー
ブログ内検索
コマーシャル
コマーシャル2
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。