スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

上ノ国町 石崎八幡神社 宵宮祭

今年の1月の門払いの時にお邪魔させてもらい、奴行列を見せてもらうと思っていた矢先、姥神大神宮渡御祭に出ていた楽人さんで、上ノ国の楽人をしている方に聞いたら、今年は行列でないようですよと言われました。残念と思いつつ、せめて神楽舞でも見たいと思いつつ、宵宮祭にお邪魔しようと思っていました。

宵宮祭前に門祓いに行くので、同行させてもらいました。

ishizakiyo_2010_01.jpg
神社出発前

ishizakiyo_2010_02.jpg
神社を出発

ishizakiyo_2010_03.jpg
館神社付近でご祈祷を待つ

ishizakiyo_2010_04.jpg
海に向いご祈祷


    
石崎八幡神社の由緒は、

創立年月日不詳であるが、元禄17年(1704年)の銘ある鰐口により少なくもそれ以前。経津主命はもと厚谷重政の比石館址に館神社として祀られていた。館神社は永禄3年(1560年)創立とするも比石館は後花園帝の長禄元年(1457年)に陥落した館である。天照大御神は廃村となった羽根差地区に宝暦7年創祀されたもの。境内社、山神社は弘化2年(1845年)、稲荷社は天保14年(1843年)の創立。
合併により合祀された歴史をもつ御祭神
羽差大神宮 天照大御神 寛暦7年創祀 明治42年合祀

※いつもながら北海道神社庁より引用

行われた神楽舞いは、御幣舞(ごへいまい)、白面(しろめん)、三番叟(さんばそう)、天皇遊舞(てんのうあそびまい)、番楽(ばんがく)、獅子舞(ししまい)の6座奏上されました。

ishizakiyo_2010_05.jpg
御幣舞(ごへいまい)

ishizakiyo_2010_06.jpg
白面(しろめん)

ishizakiyo_2010_07.jpg
三番叟(さんばそう)

ishizakiyo_2010_08.jpg
天皇遊舞(てんのうあそびまい)通称・弓

ishizakiyo_2010_09.jpg
番楽(ばんがく)

ishizakiyo_2010_10.jpg

ishizakiyo_2010_11.jpg
上2枚 獅子舞(ししまい)

石崎奴行列が出れなかったことは残念でしたが、来年また期待したいと思います。

テーマ : お祭り&行事
ジャンル : 地域情報

tag : 北海道 神楽 松前神楽 上ノ国町 石崎八幡神社

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

及川 修

Author:及川 修
松前神楽は、松前藩主自ら祭主となり、藩の城内神事として行われ始めたのは1674年から明治の廃藩置県まで、神職により御城神楽として隔年に行われた大神事であり、その作法は厳格であります。約350年の歴史を持つ北海道道神事芸能で、比較的に開拓して歴史の浅い北海道では珍しい郷土芸能であります。松前藩主が松前神楽を見て、「よくできてそうろう」とおっしゃったことから、「良き候」とブログタイトルに入れ、松前神楽の魅力や北海道の郷土芸能を紹介しております。渡島・桧山地方では近くの神社で奏上されているので、お祭りの際は誰でも見学可能です。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
カウンター

リンク
スポンサー
ブログ内検索
コマーシャル
コマーシャル2
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。