スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

江差町 姥神大神宮渡御祭 上町巡行 2010 その2

写真が多いので、今年は10.11日と2回に分けて紹介することになりました。
2日目夕方から取材再開します。小雨の降る中の巡行でありますが、まだ大降りになっていないし、持つだろうと考えて撮影開始です。

神社行列は、1時間あまり早く新地を出ることになりました。

ubatogyo_2010_11_12
新地での猿田彦

神社にも到着が早くなりました。猿田彦が神社に入る神事です。
松明をで通り道を清めます。

ubatogyo_2010_11_13
松明で道を清める

ubatogyo_2010_11_15
猿田彦が神社に入る

猿田彦が神社に入ると、トラックに載せていた鳳輦(ほうれん)が降ろされてから、宿入れの儀の準備が準備がはじまります。

ubatogyo_2010_11_17
宿入れの儀

2日目の宿入れの儀は、観客も少なくて見やすいと思いますが、行ったり来たりする回数も少なくなります。昨日の疲れもあり、早く休ませようとする神社関係者の気持ちであります。

ubatogyo_2010_11_18
宿入れの儀

3基全て入ると、神輿関係者の胴上げが行われます。学生代表、神輿副頭取、神輿頭取と胴上げが行われて、無事に渡御が完了ということになります。これから還御式が行われます。

ubatogyo_2010_11_19
学生胴上げ

神社での取材はここまでにして、新地に行き、山車(やま)の取材であります。新地という江差の繁華街で、13台の山車(やま)が立山にし、今日の大フィナーレを迎えます。駆けつけた頃は、まだ山車(やま)が、新地の中を巡行中でありましたが、私が山車(やま)を取材しているところに、小雨まで収まっていた天候が一転し、バケツをひっくり返したような雨が落ちてきました。まぁ、少し待てば止むかなと思われていましたが、雨足は悪くなるばかりでありました。

ubatogyo_2010_11_22ubatogyo_2010_11_23ubatogyo_2010_11_24
段々大粒になってきてゲリラ豪雨に

山車(やま)に付いている人は、当然のように水もしたたる男女になりました。私も傘を持ち歩いていなかったので、雨宿りしながら自分の車まで戻り、着替えをして傘で新地に向いました。江差方面は、大雨注意報が出たらしく、その間際でした。

ubatogyo_2010_11_25
どしゃ降りの中祭り囃子を続ける

当然のように、新地での集合は中止になり、各山車(やま)は、町内に帰ることになりました。ここで姥神大神宮渡御祭の終了になりました。帰る山車(やま)は、帰り山になり、それなりに盛り上がっていました。

ubatogyo_2010_11_26
新地で解散になる山車(やま)

このような光景も記録しなければならないので、夢中に撮影しました。各町内の山車(やま)の皆様、大変お疲れさまでした。

ubatogyo_2010_11_27
町内に戻る山車(やま)

通りがけに神社前による山車(やま)もあります。主に、下町の皆さんは神社に寄り、拝礼し町内に戻られました。

ubatogyo_2010_11_28
神社を前にする山車(やま)

今回は、神社行列はこのゲリラ豪雨に会うことなく無事に戻られ、神事も終了しました。山車(やま)はこれから1番盛り上がるところを雨で流されました。
このような渡御祭は初めてでした。私もずぶ濡れになりました。蛭子山・笛吹き部長宅に行くと、皆様ずぶ濡れで洗濯機が回されていました。この晩から朝方に掛けて、風と雨とで大変で、国道も閉鎖され、札幌から手伝いで来ていた方々は、苦労されたと思われます。今年、盛り上げられなかったのを来年まで取っておきましょう。たぶん惜しむように各町内での直会は、遅くまで行われたことだと思われます。

結構なお祭りで・・・と言うより、結構な雨で・・・でしょうか?


テーマ : お祭り&行事
ジャンル : 地域情報

tag : 北海道 江差 姥神大神宮渡御祭 姥神さん お祭り

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

及川 修

Author:及川 修
松前神楽は、松前藩主自ら祭主となり、藩の城内神事として行われ始めたのは1674年から明治の廃藩置県まで、神職により御城神楽として隔年に行われた大神事であり、その作法は厳格であります。約350年の歴史を持つ北海道道神事芸能で、比較的に開拓して歴史の浅い北海道では珍しい郷土芸能であります。松前藩主が松前神楽を見て、「よくできてそうろう」とおっしゃったことから、「良き候」とブログタイトルに入れ、松前神楽の魅力や北海道の郷土芸能を紹介しております。渡島・桧山地方では近くの神社で奏上されているので、お祭りの際は誰でも見学可能です。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
カウンター

リンク
スポンサー
ブログ内検索
コマーシャル
コマーシャル2
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。