スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

美瑛町 美瑛神社御神幸 美瑛親子獅子舞

昨日より、取材させてもらっている美瑛神社例大祭であります。

昨夜の那智・美瑛火祭りから明けまして、本日は御神幸(神輿渡御)でトラック・バスで移動し、各旅所で神事が行われ、神楽が奉奏され、郷土芸能美瑛親子獅子舞が行われます。旅所は、19カ所あり、朝8時に出発して神社に戻るのは午後6時頃であります。
美瑛親子獅子舞の責任者の方にお話をさせてもらい、同行させてもらうことになりました。


bieiojinkou_2010_01.jpg
出発前に準備をする美瑛親子獅子舞保存会の人達

写真は前後して掲載しますが、各旅所に到着すると神事が行われ玉串奉納が行われ、神楽奉奏され、美瑛親子獅子舞が奉納される。

bieiojinkou_2010_04.jpgbieiojinkou_2010_02.jpg
神事が行われて、浦安の舞の奉納

初めて見る、美瑛親子獅子舞である。

1894(明治27)年に神楽村の未開地であった美瑛に入植した富山県氷見市久目地区の人々が伝承した獅子舞が起源といわれています。現在も毎年7月25日に行われる美瑛神社祭にて、その伝統の舞が披露されています。
 獅子舞は、百足獅子と呼ばれる勇壮なものです。長い胴幕の中に4~5人ほどが入ります。面と烏帽子を身につけた天狗が1mくらいの木の槍をもち、先頭にたちます。楽器は太鼓が主体で、リズムに合わせて、天狗が獅子を討つ所作をします。
 現在、演目は二つ(ひとつあし、やつあし)が継承されています。


北海道文化資源データベースから引用

bieiojinkou_2010_03.jpg
美瑛親子獅子舞

獅子を演ずるのは4人と天狗1人と合計5人で行われる、富山県から伝わった郷土芸能である。この町の入植者は、和歌山県、富山県から入り開拓してきたと思われます。
見ていると、松前神楽の佐々良(ささら)であるようにも見えます。天狗(猿田彦)が、獅子を手玉にしてもてあそぶ様は似ています。

神事、神楽、獅子舞と行われ、その後は餅撒きが行われていました。これらを1セットで、19カ所を巡業することになりました。美瑛町は広く、御神幸は大変だろうと思われました。今年は白金温泉まで行くという事で、4年振りの御神幸だそうです。確かに、歩いての御神幸は無理があるようにも思われました。白金温泉まで、10数キロもあり、往復すれば、30キロ以上練り歩く事になりますから、トラック・バスでの御神幸となるのかと納得しました。

bieiojinkou_2010_09.jpg
餅撒きする氏子さん

この時期、美瑛町では麦の収穫が忙しいようであちらこちらで、刈り取られた麦畑を数多く見られました。

bieiojinkou_2010_05.jpg
浦安の舞

bieiojinkou_2010_06.jpg
美瑛親子獅子舞

bieiojinkou_2010_07.jpg
白金温泉で行われる美瑛親子獅子舞

bieiojinkou_2010_08.jpg
浦安の舞

bieiojinkou_2010_10.jpg
美瑛親子獅子舞

9カ所を巡業した所で、午前の巡業は終了となりました。
午後からは、残りの10カ所の旅所を巡らなければならないし、後半は町の中を渡御して美瑛町役場まで練り歩き、終了しトラック・バスで神社まで戻るというコースでありました。午後からの取材は、疲れとの戦いでした。
午後は美瑛の主な町を数カ所まわり、駅周辺からトラック・バスを降りて美瑛町役場まで練り歩きます。

bieiojinkou_2010_15.jpg
猿田彦先頭

bieiojinkou_2010_21.jpg
神職・宮司

bieiojinkou_2010_20.jpg
神輿

bieiojinkou_2010_11.jpg
巫女さん

bieiojinkou_2010_12.jpg
祭典委員関係者

bieiojinkou_2010_13.jpg
美瑛親子獅子舞

bieiojinkou_2010_14.jpg
美瑛親子獅子舞

夕日を迎えて疲れを感じるようになってきました。最後の旅所、美瑛町役場で最後であります。

bieiojinkou_2010_16.jpg
神事

bieiojinkou_2010_17.jpg

bieiojinkou_2010_18.jpg

bieiojinkou_2010_19.jpg
上3枚 美瑛親子獅子舞

無事に、全てを終了し神社に戻り御神幸が終了であります。最後の神事、還御祭が行われましたが、どうにも夕焼けが気になり、最後にお世話になった禰宜さんにお礼を申したかったのですが、新栄の丘に向かうことにしました。しかし、あまり思ったような夕焼けにならず残念でした。この場をかりて、禰宜さんに感謝申し上げます。

旭川にも富山から伝わる獅子舞があり、そこにも興味が出てきつつあります。北海道でもお祭りには、獅子舞が付き物という所があるというのを再確認出来ました。

神社に集合する前に、中富良野で撮影し少しだけ美瑛町内を撮影して、神社にやって来ていたので、疲れが出ていたと思います。巡業の皆様も19カ所をこなすには、体力勝負であるなと感じられました。
獅子舞の責任者・関係者の方にも、取材協力ありがとうございました。

テーマ : お祭り&行事
ジャンル : 地域情報

tag : 北海道 郷土芸能 美瑛町 美瑛親子獅子舞

コメントの投稿

非公開コメント

広いエリアを

 いやー移動距離が長いですね。関係者の体力と苦労が伝わります。松前神楽に限定しなければ、北海道も伝統神楽が多いのですね。
プロフィール

及川 修

Author:及川 修
松前神楽は、松前藩主自ら祭主となり、藩の城内神事として行われ始めたのは1674年から明治の廃藩置県まで、神職により御城神楽として隔年に行われた大神事であり、その作法は厳格であります。約350年の歴史を持つ北海道道神事芸能で、比較的に開拓して歴史の浅い北海道では珍しい郷土芸能であります。松前藩主が松前神楽を見て、「よくできてそうろう」とおっしゃったことから、「良き候」とブログタイトルに入れ、松前神楽の魅力や北海道の郷土芸能を紹介しております。渡島・桧山地方では近くの神社で奏上されているので、お祭りの際は誰でも見学可能です。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
カウンター

リンク
スポンサー
ブログ内検索
コマーシャル
コマーシャル2
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。