スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

美瑛町 美瑛神社宵宮祭 那智・美瑛火祭り

今回は道南地区を離れ、松前神楽の取材ではありません。
丘の町・美瑛町まで足を運び、北海道の郷土芸能の取材です。
美瑛町は、風景写真の大御所の前田真三さんがいらした町で、丘の風景は北海道のイメージと言ってもいいくらいの知名度ですが、美瑛の火祭りがあることを知りました。那智火祭りは日本の三大火祭りに入る有名でありますが、由緒を見ると和歌山県からの入植者が関連で美瑛に伝わっています。


bieijinjya_2010_01.jpg
美瑛神社

美瑛神社の由緒は、

明治29年4月和歌山より熊野団体27世帯が現市街地に入植、明治30年父母を迎える為郷里に戻った木下四郎により旧官幣大社熊野坐神社より「家都御子命」の御分霊を受け敷地楢の大木に「小祠」建立。仮の社殿としてお祀する。その後市街地「丸山山頂・憩ケ森」と移り、明治40年旧西町に社殿を造営遷座、村名をとり美瑛神社とする。大正5年1月15日美瑛神社創立許可下りる。大正15年11月15日公認無各社指定。昭和5年6月12日村社に列せられる。同年7月12日神饌幣帛料供進神社指定。昭和28年3月5日宗教法人となる。同43年11月新社殿造営、同55年11月新社務所完成、同鳥居建立、平成7年10月11日神社移転に伴い、西町1丁目より東町4丁目に移転造営「遷座祭」執行、移転により神社諸施設「社務所外」建設する。平成8年神社御創祀百年記念事業奉賛会を設立、平成9年秋「百年記念奉祝祭」執行、記念事業として「渡り廊下新設・神輿殿・舞台・社号標建立・記念碑建立・第2鳥居建設・玉垣新設」等の事業をする。


※いつもながら、北海道神社庁から引用

美瑛神社にご挨拶に行き、宵宮祭で行われる火祭りについて詳細を聞くことが出来ました。突然の訪問にも関わらず丁寧に教えてもらい、撮影の許可も貰いました。禰宜さんに感謝です。(お世話になりました。)
ちなみに神楽は、雅楽の豊栄の舞いと浦安の舞いが行われるということでした。宵宮祭の中でも本殿で行われるようでしたが、御神幸の中でも行われるようなので、宵宮祭での神楽の取材はしないで、火祭りに集中することにしました。

bieijinjya_2010_02.jpg
神職・氏子関係者が並び準備に入る

bieijinjya_2010_03.jpg
祭礼が行われる

bieijinjya_2010_04.jpg
鳥居をくぐり、本殿に向かい宵宮祭がはじまる


宵宮祭が終了すると、火祭りであります。会場が分かれていて火が灯される場所まで、神職と大松明の担ぎ手が徒歩で向かいます。

bieijinjya_2010_05.jpg

bieijinjya_2010_06.jpg
上2枚 会場まで向かう

大松明が祓い清められ、いよいよ点火です。御神火の松明をもって、十勝岳望岳台から町内までリレーで駆け下りて来るのは、午前中に行われたようでありそこを見れませんでした。

bieijinjya_2010_08.jpg
準備をする

bieijinjya_2010_10.jpg
1つ1つに安全祈願する宮司

bieijinjya_2010_11.jpg
松明に火が灯される

bieijinjya_2010_12.jpg
松明を持ち上げる

会場から神社に向かい行列が、「ホーリャホーリャ」の掛け声と共に行進が始まります。松明が熱くなるので、周りの人は松明の担ぎ手に水を掛けて冷やします。これを神社到着まで行われます。

bieijinjya_2010_16.jpg
松明行列

あまりいい映像とは言えませんが、携帯での動画ですが雰囲気だけを感じて下さい。
私の持っている携帯の動画機能の限界ですね。音と映像のズレがあります。



神社まで到着する間に、ほとんどの松明が焼けてしまいます。第一弾はここで終了します。

bieijinjya_2010_18.jpg
松明を集めて最後まで燃やす

第二弾は、神社の境内を練り歩きます。勇壮な松明行列は、「ホーリャホーリャ」の掛け声と共に、燃え尽きるまで境内を練り歩きます。

bieijinjya_2010_22.jpg

bieijinjya_2010_23.jpgbieijinjya_2010_24.jpg
松明を持ち境内を練り歩く

bieijinjya_2010_25.jpg
燃え尽きそうな松明

夕闇から夜にかけて行われる、勇壮な松明行列は素晴らしかったです。美瑛の故郷に対する気持ちと、新天地の美瑛町に込める祈りのようなものも感じられました。マスコミの取材も来ていたようで、テレビでオンエアされたことと思います。北海道は、入植者の土地柄に影響されて維持継続されている行事や郷土芸能があり、その地に行かずとも北海道内で見ることが出来ます。郷土芸能の維持や継続は、その地域が協力があり継続されてきています。今後も行われ続けて欲しい神事であります。

個人的に、風景写真も撮れて郷土芸能や特色のある祭りを取材出来るので、行くことにしました。道南の祭りの取材ばかりでしたが、調べると北海道には日本全国の郷土芸能が伝わり、現在でも行われている所があります。継続されているのは、取材して行こうと思うのですがいつまで続けることが出来るのでしょうか・・・

さて、明日は御神幸の取材をします。火祭りだけではないのです。もう1つ郷土芸能を見ずに帰りません。
御神幸に行われる「美瑛親子獅子舞」の取材です。




テーマ : お祭り&行事
ジャンル : 地域情報

tag : 北海道 神事 美瑛町 美瑛神社 那智・美瑛火祭り

コメントの投稿

非公開コメント

おぉ、勇ましい

美瑛にこのような勇ましい祭りがあったとは、初めて知りました。のどかな丘の町に勇ましさが響き渡ったというわけですね。
プロフィール

及川 修

Author:及川 修
松前神楽は、松前藩主自ら祭主となり、藩の城内神事として行われ始めたのは1674年から明治の廃藩置県まで、神職により御城神楽として隔年に行われた大神事であり、その作法は厳格であります。約350年の歴史を持つ北海道道神事芸能で、比較的に開拓して歴史の浅い北海道では珍しい郷土芸能であります。松前藩主が松前神楽を見て、「よくできてそうろう」とおっしゃったことから、「良き候」とブログタイトルに入れ、松前神楽の魅力や北海道の郷土芸能を紹介しております。渡島・桧山地方では近くの神社で奏上されているので、お祭りの際は誰でも見学可能です。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
カウンター

リンク
スポンサー
ブログ内検索
コマーシャル
コマーシャル2
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。