スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

松ノ脇神楽巡演記「お神楽初恋巡演記」

東北・岩手県の北の町、軽米町にあった「松ノ脇神楽」の門打ち(北海道でいう、門払い)の巡業を記した貴重な本を紹介したい。(門払いとは、笛・太鼓を奏でながら各家の前を回ること。お祭りの行列の縮小版というか、簡易的な行列で各家を回る神事である。)

松前神楽は、東北の神楽の影響を受けているのを聞いたこともあり、この本を購入して見てみた。

タイトルから見ても、神楽の巡業のことを書いている。幼いとき神楽を見て「神楽は面白いもの」と思い、神楽師の門を叩き、巡業の年に参加している。
各地区を旅をしている様が、見えて昭和22.23年の1月、2月の巡業での出来事を本にしている。
ほのぼのとした文章で、神楽を行ったことのある方や、神楽に興味がある方にとっては、思い当たることもあるだろうと思われる。巡業先の娘さんとの淡い恋心もあり、青春の神楽日誌である。

定価1,000円(税込み) ツーワンライフ出版

盛岡市内のさわや書店、東山堂、ジュンク堂書店で扱われている。
ネット販売:アマゾン・セブンアンドアイ・楽天ブックス・JBooK・Yahooブックス・TSUTAYAオンラインショップ・LivedoorBooks・紀伊国屋書店・ 丸善で取り扱っている。

購入は、吉岡一男さんまでメールを メールは juriya@beige.plala.or.jp まで

machu_book.jpg


お神楽初恋巡演記お神楽初恋巡演記
(2009/11)
吉岡 義三

商品詳細を見る

テーマ : 岩手県
ジャンル : 地域情報

tag : 岩手県 松ノ脇神楽

コメントの投稿

非公開コメント

これはまた

 面白いものを見つけてきましたね。堅い感じの郷土資料としてではなく、個人エッセーでしょうか?もう、70歳を超えた方でしょうか?
プロフィール

及川 修

Author:及川 修
松前神楽は、松前藩主自ら祭主となり、藩の城内神事として行われ始めたのは1674年から明治の廃藩置県まで、神職により御城神楽として隔年に行われた大神事であり、その作法は厳格であります。約350年の歴史を持つ北海道道神事芸能で、比較的に開拓して歴史の浅い北海道では珍しい郷土芸能であります。松前藩主が松前神楽を見て、「よくできてそうろう」とおっしゃったことから、「良き候」とブログタイトルに入れ、松前神楽の魅力や北海道の郷土芸能を紹介しております。渡島・桧山地方では近くの神社で奏上されているので、お祭りの際は誰でも見学可能です。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
カウンター

リンク
スポンサー
ブログ内検索
コマーシャル
コマーシャル2
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。