スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

松前神楽の歴史 「名称」

松前神楽については、諸説あり様々である。
今までここで紹介できなかったのは、「謎」な所があり、調べるにも資料もなければ、知っている方も少ないという現状からのスタートだった。(未だに、不明な所もあるが・・・)でもこの数年、神社に赴き取材を重ねていくと、諸説の存在が浮かび上がってきた。

「松前神楽」の起源とするところに資料が少なく、残っている資料もないというのが状況である。資料があっても確証するために、また別の関連した資料と照らし合せていく作業が必要であるが、記録自体少ないようである。

今回は、「松前神楽」という名称について書いていきたい。

「松前神楽」と言う名前が出始めたのは、文化三年(1806年)に徳川幕府の監察に際し、監察史・遠山金四郎景晋(とうやまきんしろうかげちか)(遠山金四郎景元、通称遠山の金さんの父親)の下問につき差し出した答書に初めて登場した。(佐々木一貫(ささきかずつら)の記したもの)

これ以降、「松前神楽」という名前を使うようになったようである。それ以前は、「春神楽」とか「鰊神楽」「七社神楽」とかで言われたようである。通称「神楽」であって、鰊豊漁祈願であれば、「鰊神楽」と呼んだりしただろうと思われる。城下七社は、(神明宮、八幡宮、馬形社、熊野宮、羽黒社、朝間社、稲荷社)の神々を迎え、その七社家が共同で奏したお神楽である。

06_sikabe.jpg
神遊舞 2006年 鹿部稲荷神社

tag : 北海道 神事芸能 神楽 神事 松前神楽

コメントの投稿

非公開コメント

正に

成程。遠山の金さんのお父さんですか。それにしても松前に鰊神楽。正にそのものですね。1800年の初めには既に舞われていたのですね。歴史を感じます。
プロフィール

及川 修

Author:及川 修
松前神楽は、松前藩主自ら祭主となり、藩の城内神事として行われ始めたのは1674年から明治の廃藩置県まで、神職により御城神楽として隔年に行われた大神事であり、その作法は厳格であります。約350年の歴史を持つ北海道道神事芸能で、比較的に開拓して歴史の浅い北海道では珍しい郷土芸能であります。松前藩主が松前神楽を見て、「よくできてそうろう」とおっしゃったことから、「良き候」とブログタイトルに入れ、松前神楽の魅力や北海道の郷土芸能を紹介しております。渡島・桧山地方では近くの神社で奏上されているので、お祭りの際は誰でも見学可能です。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
カウンター

リンク
スポンサー
ブログ内検索
コマーシャル
コマーシャル2
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。