スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

厚沢部町 美和八幡神社 本祭 神楽と目名権現獅子舞

昨夜から引き続き、厚沢部町美和地区での「目名権現獅子舞」を取材する。

今日は、門払いからの取材であり、午前10時からの出発であった。行列の曲は、目名権現獅子舞の笛、太鼓で門払いが進行する。神社行列の笛、太鼓ではないのだ。

miwa_ho09_01.jpg
神社から行列が出発する

行列から、白狐が行列に加わり、美和地区を練り歩いた。

miwa_ho09_02.jpg

miwa_ho09_03.jpg

獅子舞が2頭出ているが、黒い獅子頭は、権現獅子舞の獅子頭、もう1つの赤い獅子頭は、姥神大神宮の獅子頭である。

miwa_ho09_04.jpg

↓「続き」をクリックすると続きます。

門払いが終わると、本祭が行われた。今日は、神社側の参加者が少ないので、神楽舞はないだろうと思っていたが、獅子舞だけ行われた。

miwa_ho09_05.jpg

miwa_ho09_06.jpg
上2枚・獅子舞

獅子舞が終わり本祭が終了となり、その後は、この「目名権現獅子舞」が行われた。

miwa_ho09_07.jpg

miwa_ho09_08.jpg

miwa_ho09_09.jpg

白狐が登場した。しかも親子で登場した。2匹で獅子をからかいう様を見せてくれた。
獅子をからかう様というのは、松前神楽でも「面足四肢(もたりしし)又は、佐々良(ささら)」で、猿田彦が登場して獅子をからかう様を見る。

miwa_ho09_10.jpg
獅子をからかう白狐

miwa_ho09_11.jpg

権現神楽歌として、舞いの中に歌が入るところがあり、その歌詞は、

天の岩戸を 押し開き
いざや神楽を 参らせる

神を鎮めて 伊勢踊り
宮山鵲(みやさんじゃく)の 御幣(ごへい)持て

悪魔を払うて それからさ
大川楽(たいせんらく)に あらたまる


とある。この解読も行われ、世の中を平和であるようにした意味であるようである。
歌の中にある、「宮山鵲(みやさんじゃく)」とは、尾の長い鶏であると聞いた。松前神楽でいう「二羽散米舞(にわさごまい)」に出てくる鶏は、天の岩戸開きに暗黒の世より光明の時を告げ、世の始まりに地を踏み固めた瑞鳥であるとされているので、通じるものを感じられた。

miwa_ho09_12.jpg

獅子舞の動きに会わせて、笛が誘導するというスタイルで行われているらしい。獅子を操る人も笛を聞いて次の動きに入るのだそうだ。門払いでも、出発の楽と戻りの楽があるらしく、戻りは今回できなかったようだ。笛吹きがまだ戻りの笛を覚えていないようだ。神楽が終わり、少しだけその戻りの笛を披露してくれた。

今回、このようにこの「目名権現獅子舞」のことを教えてくれた、長尾さん(上の写真右)には詳しくお話できて感謝である。
伝統を継続するということの大切さを感じた取材であった。

テーマ : 祭り/イベント
ジャンル : 写真

tag : 厚沢部町 美和 目名権現獅子舞 松前神楽

コメントの投稿

非公開コメント

親子白狐

 道南地区でも独特の風習がありますね。獅子舞の演奏が神職でないところが印象的ですが、地元の人たちにしっかりと受け継がれているようです。
プロフィール

及川 修

Author:及川 修
松前神楽は、松前藩主自ら祭主となり、藩の城内神事として行われ始めたのは1674年から明治の廃藩置県まで、神職により御城神楽として隔年に行われた大神事であり、その作法は厳格であります。約350年の歴史を持つ北海道道神事芸能で、比較的に開拓して歴史の浅い北海道では珍しい郷土芸能であります。松前藩主が松前神楽を見て、「よくできてそうろう」とおっしゃったことから、「良き候」とブログタイトルに入れ、松前神楽の魅力や北海道の郷土芸能を紹介しております。渡島・桧山地方では近くの神社で奏上されているので、お祭りの際は誰でも見学可能です。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
カウンター

リンク
スポンサー
ブログ内検索
コマーシャル
コマーシャル2
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。