スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

厚沢部町 美和八幡神社宵宮祭 目名権現獅子舞

今回初めて訪問させてもらった、厚沢部町の美和八幡神社には、この土地に独特の「獅子舞」があり例祭の時に披露されるというのを聞いた。厚沢部町の獅子舞とは、たいていは、「獅子」ではなく、「鹿子舞(ししまい)」と書くように「鹿」である。

宵宮祭の後に行われるというので、神楽と郷土芸能が見れる機会ができたのだ。神楽の様子は前回で紹介させてもらった。

美和地区には、古くから入植者がきていて、鰊漁の時期には鰊漁に行き手伝い、鰊の時期が終わると、山の仕事をしていたそうだ。冬の間に出身地を懐かしんで、笛、太鼓を慰めにしているうちに権現舞が伝わったと云われている。この舞いの流れは、岩手県遠野、青森県南部にあった権現舞がルーツになると云われている。現在に、岩手県遠野市や青森県南部地方には、この権現舞が途絶えてしまったらしく、北海道ではこの美和ともう1つ(もう1つは教えてもらった人も思い出せなかったらしい)があって、この権現舞を伝承されているようである。本州の文化が北海道で、生きている貴重な獅子舞である。

miwa09_09.jpg
目名権現獅子舞

miwa09_10.jpg
目名権現獅子舞

miwa09_11.jpg
目名権現獅子舞

見た感じでは、江差・厚沢部で行われている神楽の獅子舞とは異なり、荒々しい動きはあまりない。獅子の中に入りこんだりもしないし、手で操るだけで、獅子の動きを表現している。優雅な獅子の動きと、笛、太鼓も優雅に鳴り響き披露される。途中から神歌が入り、楽の合間で「よいよい」「はっ!」とあいの手が入る。今回は、現れなかったが、白狐が現れて獅子をからかう仕草をするようだ。明日、行われるようだ。白狐が見たいので明日また見せてもらうことにした。

テーマ : 祭り/イベント
ジャンル : 写真

tag : 北海道 厚沢部 美和八幡神社 権現獅子舞 目名権現獅子舞

コメントの投稿

非公開コメント

北海道でただ2つ

本家の方は途絶えてしまった舞が、北海道で2つだけ生きているのですね。どんなことがあっても途絶えないようにしたいものです。白狐も気になりますね。
プロフィール

及川 修

Author:及川 修
松前神楽は、松前藩主自ら祭主となり、藩の城内神事として行われ始めたのは1674年から明治の廃藩置県まで、神職により御城神楽として隔年に行われた大神事であり、その作法は厳格であります。約350年の歴史を持つ北海道道神事芸能で、比較的に開拓して歴史の浅い北海道では珍しい郷土芸能であります。松前藩主が松前神楽を見て、「よくできてそうろう」とおっしゃったことから、「良き候」とブログタイトルに入れ、松前神楽の魅力や北海道の郷土芸能を紹介しております。渡島・桧山地方では近くの神社で奏上されているので、お祭りの際は誰でも見学可能です。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
カウンター

リンク
スポンサー
ブログ内検索
コマーシャル
コマーシャル2
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。