スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

江差町 姥神大神宮 宵宮祭

夏らしくない天候にはなっているが、暦はもう8月になって、江差姥神大神宮渡御祭のシーズンを感じる季節になってきた。
今年は、連日曇天か雨、時々晴れのち曇天か雨という天気が多く、どうにもしっくりこない。一般的に観光的にも「江差の祭り」というと、「姥神大神宮渡御祭」であり、本来のお祭りは、「宵宮祭」「本祭」がその神社の大切なお祭りということである。「宵宮祭」とは、神様をお迎えするお祭りであり、「本祭」はその地に神様をお迎えした日が「本祭」の日であるので、一年で大切な日であると聞いたことがある。
ここでは、渡御祭は別に行われていて、毎年、8月の9.10.11日である。

ubagamiyoi09_06.jpg
宵宮祭を迎える

↓「続き」をクリックすると続きます。

昨年から姥神大神宮宵宮祭から取材しているが、地元の人は知らない人が多い。集まる人も毎年同じ人であり、一般参詣者は少ない。どの神社にも言えることだが、神楽もの存在も知らない人が多いのだ。これは寂しいことである。

江差の神楽についてはよくわからなかったが、最近、文献と江差町史から、松前神楽の流れをくむ神楽だなと思われてきた。舞い方を見ていても、どうにも似ている点が多く、誰もハッキリとしたことは言えなかったようだ。ただ、どういう経路で変化したかは謎であり、まだまだ調べてみる必要はありそうである。

以前は、舞いの名称がわからないので舞の説明も付けず公開していたが、今回からはそれらしい舞いは松前神楽の名前を使用し、付けて行こうと思う。
今回奉納された神楽は、榊舞(さかきまい)・巫女舞(みこまい)・福田舞(ふくだまい)・獅子舞(ししまい)である。

ubagamiyoi09_01.jpg
榊舞(さかきまい)

ubagamiyoi09_02.jpg
巫女舞(みこまい)

ubagamiyoi09_03.jpg
福田舞(ふくだまい)

ubagamiyoi09_04.jpg
獅子舞(五方)

ubagamiyoi09_05.jpg
獅子舞(五方)

檜山の神楽を取材し始めて気が付くことは、宵宮祭にしか神楽は行われないということであろう。楽人が揃えるかどうかの問題もあると思われるが、本祭で行われたということは聞いたことがない。知らない人にどう伝え、神社に足を運んでもらうかで、神楽の伝統や継承が上手く行くであろうから、考えて行かなければならないだろう。

テーマ : 祭り/イベント
ジャンル : 写真

tag : 姥神大神宮 渡御祭 江差

コメントの投稿

非公開コメント

今年も

 今年もこの季節がやってきましたね。
神楽は宵宮祭の時だけとは珍しいですね。本祭の方が多くの観客が集まるような気がするのですが、、

宵宮祭だけしか神楽が行われないのは、その土地の風習だと思いますよ。宵宮祭が一番盛り上がる神社もありますし、様々です。一概に本祭に多くの参詣者が来るとは限りません。

特に神社の本殿で何が行われているかを知っている人は、少ないのです。これからいかに神殿まで人を呼び込むのかが、これからの課題なのだと思います。
プロフィール

及川 修

Author:及川 修
松前神楽は、松前藩主自ら祭主となり、藩の城内神事として行われ始めたのは1674年から明治の廃藩置県まで、神職により御城神楽として隔年に行われた大神事であり、その作法は厳格であります。約350年の歴史を持つ北海道道神事芸能で、比較的に開拓して歴史の浅い北海道では珍しい郷土芸能であります。松前藩主が松前神楽を見て、「よくできてそうろう」とおっしゃったことから、「良き候」とブログタイトルに入れ、松前神楽の魅力や北海道の郷土芸能を紹介しております。渡島・桧山地方では近くの神社で奏上されているので、お祭りの際は誰でも見学可能です。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
カウンター

リンク
スポンサー
ブログ内検索
コマーシャル
コマーシャル2
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。