スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

函館市 尻岸内八幡神社 神輿渡御

昨夜の大嵐から、曇天であるが天気予報では、「これから晴れる」とのことで、最近の天気予報はその通りになる確率がいいので大丈夫だろう。

8時過ぎに御霊を神輿に遷し、いよいよ神輿渡御のスタートである。

siri_togyo_09_01.jpg
神輿 本殿の外から見えない

siri_togyo_09_02.jpg
遷霊の儀

siri_togyo_09_03.jpg
遷霊の儀

siri_togyo_09_04.jpg
遷霊の儀

↓「続き」をクリックすると続きます。

さて、ここの猿田彦であるが、権限が強いという事を聞いていたので、ここの地域ではどのように行列が進行するのか紹介したい。

まず、各家々では道に出て、猿田彦を座って待っているのである。

siri_togyo_09_17.jpg

猿田彦はお膳の前に座り、各家々で出されるお酒を一口頂く。

siri_togyo_09_07.jpg

残ったお酒を家の人が一口もらう。

siri_togyo_09_08.jpg

猿がやってきて、御幣を祓い清める。お猿はお膳の物を持ち去る事ができるらしい。

siri_togyo_09_09.jpg

猿田彦の役目は、大変である。各家に出される御神酒を一口飲まなければならないのだ。その数は知れず、酒が飲めなければ猿田彦にはなれないらしい。昔は、酒の量を飲ませないと前に進まなかったりしていたらしい。これを予定のコースまで行われるのである。

神輿がかなり大きい。昨年は神輿が出なかったらしい。この神輿、重さは約600kgくらいあるらしく、担ぎ手の人数がいるようである。

siri_togyo_09_15.jpg
神輿を待つ

siri_togyo_09_23_20090718101650.jpg
神輿

何気に行列を戻って行くと、踊りの曲がきこえてきた。確か、山車は出ないと聞いていたので、不思議に感じて近づいていくと、(子供会だと思うが)踊り山車が出ていた。

siri_togyo_09_20_20090718101649.jpg
踊り山車

女那川会館に神輿が入り、休憩後に神楽が奉納された。地元の人達も花火の音に触発されるように、会館まで足を運んできていた。神楽に興味がある地域であるとは間違いないだろう。

siri_togyo_09_25_20090718101650.jpg
榊舞(祝詞舞・幣帛舞ともいう)

siri_togyo_09_27_20090718101650.jpg
福田舞

siri_togyo_09_28_20090718101700.jpg
鈴上げ

残念ながら、急用で神楽の途中で出なければならなくなったので、「鈴上げ」の途中で失礼させてもらった。明日もまた神輿渡御で、最後を迎える。

コメントの投稿

非公開コメント

猿田彦

おぉ、ここの猿田彦はノンベーさんが条件ですね。我々ではとても無理です。それにしても面を付けているので飲みずらそうですね。
プロフィール

及川 修

Author:及川 修
松前神楽は、松前藩主自ら祭主となり、藩の城内神事として行われ始めたのは1674年から明治の廃藩置県まで、神職により御城神楽として隔年に行われた大神事であり、その作法は厳格であります。約350年の歴史を持つ北海道道神事芸能で、比較的に開拓して歴史の浅い北海道では珍しい郷土芸能であります。松前藩主が松前神楽を見て、「よくできてそうろう」とおっしゃったことから、「良き候」とブログタイトルに入れ、松前神楽の魅力や北海道の郷土芸能を紹介しております。渡島・桧山地方では近くの神社で奏上されているので、お祭りの際は誰でも見学可能です。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
カウンター

リンク
スポンサー
ブログ内検索
コマーシャル
コマーシャル2
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。