スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

古平町 琴平神社例祭 神輿渡御

今年も取材させてもらった古平町琴平神社例祭である。松前神楽は行われない神社であるが、「猿田彦火渡り」を見る為にやってきた。昨年見た火渡りが忘れられなかったのだ。
と同時に、小樽の塩谷地区にある、塩谷神社でも例祭だったので、松前神楽も見れると思い訪れたが、今年から松前神楽は行われなくなったという事を現地で聞く。全く残念でしょうがない。しょうがないので、古平町に向かう事にした。本来ならば、「猿田彦火渡り」のみを撮ろうと考えていたのだが、昼間の渡御から取材に入れるとは思わなかった。

日程では、7月10日(金)に宵宮祭が行われ、海上渡御が行われる。天候悪化の為に、海上渡御は行われなかったようだ。海上渡御でも猿田彦がメインで、神事が行われるらしい。

さて、昼過ぎに到着し昼からの渡御を取材させてもらった。
笛と太鼓が遠くから聞こえてきて、行列が近づいてくるのを聞くと、昨年の夜の渡御祭を想い出してきた。楽も道南の行列の楽とは異なる。道を清める行列から始まり、次は旗手が並び、次はこの祭りのメインである「猿田彦」が、大きな態度と鼻高々で堂々と歩いてくる。

furu_koto_09_01.jpg
行列の先頭

furu_koto_09_03.jpg
旗手

ある特定の場所に行くと、猿田彦に酒を振るまう儀式がある。テーブルの上に、御神酒を用意し猿田彦が到着するのを待つ。

furu_koto_09_04.jpg
行列の先頭

furu_koto_09_05.jpg
塩で清める

furu_koto_09_06.jpg
御幣を振る

猿田彦のお祓いの舞いが行われる。威風堂々とした猿田彦が、楽に合わせて左右、前後と動き鉾を降り、周辺を祓い清める。

furu_koto_09_07.jpg
猿田彦登場

↓「続き」をクリックすると続きます。


猿田彦は、神様の道先案内人であり渡御の祭には、たいていの地域では行列の先頭を歩き、鼻高々と歩き行列の進行を司る。猿田彦は神様の道先案内人であるので、基本的に止まると行列は前に進めないのだ。祭りには、各土地での風習や伝統により、猿田彦の権限の強弱が存在するのだ。猿田彦をする人は、誉れであり、それなりの人がなっていたようだ。

行列がある特定の場所に(多分、各町内で1ヶ所くらいに行われるように見えた)、代表者が出迎えて、猿田彦の到着を待つ。楽が変わり、猿田彦はこの代表者の前で祓い清めて、座り込む。

furu_koto_09_47.jpg
じっと猿田彦の舞いを受ける

furu_koto_09_14.jpg
前後左右に、大きく動き、周辺を祓い清める

furu_koto_09_08.jpg
座る猿田彦・世話役が迎えるようにも見える

furu_koto_09_11.jpg
座る猿田彦

猿田彦が、座り込むと獅子が出てきて、代表者の前に出てくる。軽やかな舞いを見せてくれる。獅子舞を数カ所で見てきたが、獅子の動きも舞いも、素晴らしい。

furu_koto_09_09.jpg
獅子舞

そして猿田彦は、用意されていた日本酒を飲む。しばらくすると、立ち上がり歩き出す。行列は進行する。この立ち止まるのは、古平町内に数十ヶ所程あり、このように止まり神事を行い、その地域とその土地の1年の邪気を祓い清めるをする。

furu_koto_09_10.jpg
日本酒を飲む猿田彦

猿田彦の後ろには、奴行列、神輿が続き、他の神輿、各町内の山車が連なる。奴行列では、掛け声を掛けながら進み、奴棒を降り進行する。

furu_koto_09_30.jpg
furu_koto_09_31.jpg
furu_koto_09_32.jpg
furu_koto_09_33.jpg
奴行列

奴が終わると、神輿が立ち止まり、神輿に付いている宮司が、祝詞を奏上し、その地域や土地の代表者も参拝する。

furu_koto_09_13.jpg
神輿

furu_koto_09_50.jpg
祝詞を奏上する

2基の神輿も同様にやってきて、威勢のいい掛け声と共に行進する。

furu_koto_09_51.jpg

furu_koto_09_52.jpg

このような流れで、行列は行われる。立ち止まる個所は、古平町内数十ヶ所程もあり、2日間で全てを行き、各土地を祓い清めて行進するのが渡御祭なのだ。

この地域はトンネルも多い地域であり、神輿行列はトンネルも抜ける。

furu_koto_09_39.jpg
トンネル内

furu_koto_09_41.jpg
トンネルを抜けた行列

トンネルを抜ける頃は夕方であり、神事を行いながら進み、古平町役場横にある恵美須神社前で行われる「猿田彦の火渡り」が行われ、最初の火渡りは完了である。

猿田彦だけ火渡りする訳ではなく、続く神輿も同様に火渡りが行われる。「火」は、清めの篝火(かがりび)である。本来は、御神輿がその火を渡って清めるのであるが、現在は種々の事情で御神輿を担ぐことが少ないので、御神輿の先導をする猿田彦が先ずその火の安全を調べ、確かめるために先に火渡りをするのであるが、この方が現在は主となっているようだ。

furu_koto_09_53.jpg
神輿の到着を待つ猿田彦

furu_koto_09_54.jpg
清めの篝火(かがりび)がともされる

この火渡りを見ようと、ギャラリーは大勢になり、火とともに奏でられる笛、太鼓が会場を鳴り響き、猿田彦の火渡りを心待ちにしている。

furu_koto_09_56.jpg
火の周りを獅子が舞う

最初に猿田彦、獅子、神輿が火渡りが行われる、高らかに立ち上る炎に火渡りが行われた。

furu_koto_09_58.jpg
火渡りする猿田彦

furu_koto_09_60.jpg
火渡りする猿田彦

furu_koto_09_62.jpg
火渡りする獅子

furu_koto_09_63.jpg

furu_koto_09_64.jpg

furu_koto_09_65.jpg

furu_koto_09_66.jpg

この火渡りで、祭りは最高の盛り上がりとなる。火渡りした猿田彦、獅子、神輿は、恵美須神社内での神事が行われ、最初の渡御祭は終了となる。

次の日は予定があるので昼間は、取材できなかったが、クライマックスの火渡りには間に合うようにして行きたいと思う。

tag : 古平町 琴平神社 猿田彦 火渡り

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

及川 修

Author:及川 修
松前神楽は、松前藩主自ら祭主となり、藩の城内神事として行われ始めたのは1674年から明治の廃藩置県まで、神職により御城神楽として隔年に行われた大神事であり、その作法は厳格であります。約350年の歴史を持つ北海道道神事芸能で、比較的に開拓して歴史の浅い北海道では珍しい郷土芸能であります。松前藩主が松前神楽を見て、「よくできてそうろう」とおっしゃったことから、「良き候」とブログタイトルに入れ、松前神楽の魅力や北海道の郷土芸能を紹介しております。渡島・桧山地方では近くの神社で奏上されているので、お祭りの際は誰でも見学可能です。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
カウンター

リンク
スポンサー
ブログ内検索
コマーシャル
コマーシャル2
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。