スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鹿部町 鹿部稲荷神社 本祭

今年も本祭を取材させてもらった、7日の宵宮祭にもお世話になった鹿部稲荷神社である。
ここで行われる松前神楽を毎年楽しみにしている。宵宮祭よりも神楽の座数は、本祭の方が多く行われ、ここの宮司の舞いが好きなのだ。舞いのクオリティも高く、神楽にも詳しいので、神楽に関する事など様々な事を教えてもらっている。「松前神楽」を見る上でも、押さえておきたいお宮であると思っている。

松前神楽に入る前に行われるのは、鎮釜湯立式である。

sikabe-ho_09_11.jpg
鎮釜湯立式

sikabe-ho_09_10.jpg
鎮釜湯立式

↓「続き」をクリックすると続きます

行われた神楽は、榊舞、二羽散米舞、千歳、翁舞、三番叟、荒馬舞、神遊舞、兵法舞、山神、注連祓舞、獅子舞・佐々良である。

sikabe-ho_09_01.jpg
榊舞

sikabe-ho_09_02.jpg
二羽散米舞

sikabe-ho_09_12.jpg
千歳

sikabe-ho_09_13.jpg
翁舞

sikabe-ho_09_03.jpg
三番叟

sikabe-ho_09_04.jpg
荒馬舞

sikabe-ho_09_05.jpg
神遊舞

今回、やっていただいた「兵法舞」である。松前式では、秘曲とされていた舞いであり、しばらく公に見せる事を遠慮していた。弁慶牛若ということで、最近よく目にするようになった舞いである。北海道の歴史を表した舞いでもあるので、行われる回数も多くなって欲しい舞いである。

sikabe-ho_09_06.jpg
兵法舞

sikabe-ho_09_07.jpg
山神

注連祓舞は、目玉といっていいだろう。斎主が行う舞いで、四方の注連縄を真剣で祓い清める舞いである。真剣を使用するだけあって、息を呑む舞いである。真剣を抜く時と、注連縄を切る時に、ジャンプをするのでいつも華麗に跳ばれる姿に魅了された。

sikabe-ho_09_08.jpg
注連祓舞

sikabe-ho_09_09.jpg
獅子舞

この1年、「松前神楽の魅力とは」ということを考えてシャッターを切っていた。
「松前神楽」の魅力は、格調の高い芸能であるとこだろうというのを第一に考えていた。
格調の高さを表現する写真をと考えて、写真で表現をしようと撮影してきた。おかげで、様々なところで評価を得て、松前神楽の存在も少なからずや知ってもらえる機会も得たと思う。シャッターを切るたびに、「もっといいシャッターチャンス」「0.5秒早く、又は遅く、シャッターを切ろう」と反省し繰り返して、神社を訪問している。撮影するたびに、新しいシャッターチャンスが見えてきた。今、展示している写真もその一部なので、一度写真をご覧になっていただき、神社のお祭りに行き、生の神楽を見て頂きたいと思う。
これからもこの神楽の舞いを表現した写真を撮り続けると思う。

コメントの投稿

非公開コメント

飛んだ

 おぉ、おなじみのメンバーですね。地元宮司さん、今年も高く飛んでくれましたね。格調の高い郷土芸能だと思います。来年こそは行くぞー。
プロフィール

及川 修

Author:及川 修
松前神楽は、松前藩主自ら祭主となり、藩の城内神事として行われ始めたのは1674年から明治の廃藩置県まで、神職により御城神楽として隔年に行われた大神事であり、その作法は厳格であります。約350年の歴史を持つ北海道道神事芸能で、比較的に開拓して歴史の浅い北海道では珍しい郷土芸能であります。松前藩主が松前神楽を見て、「よくできてそうろう」とおっしゃったことから、「良き候」とブログタイトルに入れ、松前神楽の魅力や北海道の郷土芸能を紹介しております。渡島・桧山地方では近くの神社で奏上されているので、お祭りの際は誰でも見学可能です。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
カウンター

リンク
スポンサー
ブログ内検索
コマーシャル
コマーシャル2
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。