スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鹿部町 鹿部稲荷神社 宵宮祭

ほぼ毎年お世話になっている鹿部稲荷神社での宵宮祭を取材させてもらう。
毎年見ておきたいお宮であるので、訪問させてもらっている。

函館の七夕では、子供らがローソクをもらいに行くイベントの日であり、各家庭に行き歌を歌いローソクをもらいに歩いた日であるが、この鹿部町ではその風習がない。

松前神楽が行われるタイミングとしては、宵宮祭・本祭でも同様だが、宵宮祭の終わりに、松前神楽が奉納される。だいたい宵宮祭・本祭開始から30分~1時間くらい後に行われる。
松前神楽が本格的に始まる前に行われるのが、この「神楽初(かぐらそめ)」である。

sikabe-yo_09_01.jpg
神楽初(かぐらそめ)

↓「続き」をクリックすると続きます


宵宮祭で行われたのは、榊舞、福田舞、鈴上げ、御稜威舞(みいつまい)、獅子舞・五方であった。今回は,御稜威舞(みいつまい)が行われ、普段の例祭では見られない舞いを見れるのは嬉しい。御稜威舞(みいつまい)が行われたので、利生舞は行われなかった。

sikabe-yo_09_02.jpg
榊舞

sikabe-yo_09_03.jpg
福田舞

sikabe-yo_09_04.jpg
鈴上げ

今回は、御稜威舞(みいつまい)が行われた。あまり行われない舞いが行われる事は貴重である。この御稜威舞(みいつまい)は、普段行われている獅子舞の前に行われている舞いである。時間がかかるとのことで、いつもなら行われない舞いである。最近よくこの舞いを見る機会が多くなってきた。いい舞いだと思うので、一度ご覧になって見ることを勧めたいが、たまにしか行われないので、見れた方はラッキーだろう。

御稜威舞(みいつまい)、獅子の鈴上げ、五方、佐々良と流れるが、この4つがセットで、「獅子舞」である。獅子舞だけで、1時間以上かかるので、祭典に時間がかかるのでカットされる対象になった舞いである。

sikabe-yo_09_05.jpg
御稜威舞(みいつまい)

sikabe-yo_09_06.jpg
御稜威舞(みいつまい)

sikabe-yo_09_07.jpg
御稜威舞(みいつまい)

楽と舞いが合っていて、大変見ていても心地がいい舞いである。松前と小樽でこの御稜威舞(みいつまい)を見たが、今回行われた松前式の御稜威舞(みいつまい)が、時間が多いように感じられた。

sikabe-yo_09_08.jpg
御稜威舞(みいつまい)

sikabe-yo_09_09.jpg
御稜威舞(みいつまい)

御稜威舞(みいつまい)が終わると、普段行われている「五方」である。

sikabe-yo_09_10.jpgsikabe-yo_09_11.jpg
獅子・五方

このような機会に、御稜威舞(みいつまい)をみせてもらい感謝である。いつものパターンも完成されたものであるが、普段行われない舞いをどんどん公開していくことも大切だろう。新たな松前神楽の感動も生まれるだろうと思われる。

明日は渡御祭で、雨天の場合は本祭になるということである。変更なれば、松前神楽は午前中に行われるので、興味のある方は参拝されてみてはいかがだろうか。

tag : 御稜威舞 松前神楽

コメントの投稿

非公開コメント

今年も

今年も鹿部には行けませんでした。H宮司さんを見てみたかったですね。今年も華麗にジャンプしてくれたのでしょうか。
プロフィール

及川 修

Author:及川 修
松前神楽は、松前藩主自ら祭主となり、藩の城内神事として行われ始めたのは1674年から明治の廃藩置県まで、神職により御城神楽として隔年に行われた大神事であり、その作法は厳格であります。約350年の歴史を持つ北海道道神事芸能で、比較的に開拓して歴史の浅い北海道では珍しい郷土芸能であります。松前藩主が松前神楽を見て、「よくできてそうろう」とおっしゃったことから、「良き候」とブログタイトルに入れ、松前神楽の魅力や北海道の郷土芸能を紹介しております。渡島・桧山地方では近くの神社で奏上されているので、お祭りの際は誰でも見学可能です。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
カウンター

リンク
スポンサー
ブログ内検索
コマーシャル
コマーシャル2
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。