スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第24回ひろめ舟祭り 郷土芸能「安浦駒踊り」

今年も取材させてもらった、6月13日(土)に行われた、旧南茅部地区で行われる「ひろめ舟祭り」で行われる郷土芸能である。

行われた郷土芸能は、「安浦駒踊り」「木直大正神楽」「豊崎手踊り」「大船南部神楽」である。今回は、「安浦駒踊り(やすうらこまおどり)」を紹介する。

昨年は私事で、「ひろめ舟祭り」でしか見れなかった「安浦駒踊り」。いつ見ても迫力があり、いくつもの舞いを見せてくれる郷土芸能である。

hirome09_01.jpg
入場時の扇を使用した舞い

hirome09_02.jpg
手踊り

hirome09_10.jpg
楽人

hirome09_04.jpg
剣の舞

hirome09_05.jpg
剣の舞

「駒踊り」の最後を飾るのは、駒(馬)を付けて舞われる。8kgの駒(馬)を付けて勇壮な舞いを見せてくれる。

hirome09_07.jpg
駒踊り

hirome09_09.jpg
駒踊り

hirome09_11.jpg
太鼓

「安浦駒踊り」は、戦勝を祝った舞いであり、江戸末期に青森県三戸郡から伝承されたといわれている。東北地方には、馬産地であった所から「駒踊り」が多く存在していると思われる。福島町の白符地区で行われる「荒馬踊り」とは異なる構成である。北海道に入植した系譜が見れるようだ。

コメントの投稿

非公開コメント

若手が

南茅部、懐かしいなぁ。しばらく足を運んでいません。ここにも、子供たち、若者が頑張っていますね。
プロフィール

及川 修

Author:及川 修
松前神楽は、松前藩主自ら祭主となり、藩の城内神事として行われ始めたのは1674年から明治の廃藩置県まで、神職により御城神楽として隔年に行われた大神事であり、その作法は厳格であります。約350年の歴史を持つ北海道道神事芸能で、比較的に開拓して歴史の浅い北海道では珍しい郷土芸能であります。松前藩主が松前神楽を見て、「よくできてそうろう」とおっしゃったことから、「良き候」とブログタイトルに入れ、松前神楽の魅力や北海道の郷土芸能を紹介しております。渡島・桧山地方では近くの神社で奏上されているので、お祭りの際は誰でも見学可能です。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
カウンター

リンク
スポンサー
ブログ内検索
コマーシャル
コマーシャル2
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。