スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第24回ひろめ舟祭り 郷土芸能「木直大正神楽」

今年も取材させてもらった、6月13日(土)に行われた、旧南茅部地区で行われる「ひろめ舟祭り」で行われる郷土芸能である。

行われた郷土芸能は、「安浦駒踊り」「木直大正神楽」「豊崎手踊り」「大船南部神楽」である。今回は、「木直大正神楽(きなおしたいしょうかぐら)」を紹介する。

今回は3座行われた。こちらも初めて見る舞いがあり、非常に興味深い神楽である。
各舞いの名前を聞き忘れて申し訳ないが、はじめに行われたのが、次回の「大船南部神楽」でも見る事ができた、鳥兜を使用した舞いである。

hirome09_13.jpg

前回見たときよりも担い手が若くなっている。笛吹き、太鼓、手拍子とも若返りしていた。これからこの神楽を背負う貴重な人材だ。

hirome09_12.jpg

詳しく調べていないのだが、大正時代に伝わり名称にも入れて伝承してきた「木直大正神楽」だが、南部地方からの神楽であるが、「大船南部神楽」と地域が違うのか、詳細はわからないが、同じような舞いが行われている。

hirome09_15.jpg

昨年は、盆舞みたいな舞いを見せてくれたが、今回は「剣舞」である。ダイナミックな舞いで、扇と剣を持ち行われていて、途中前転や剣をとんだりして、アクロバット的な芸を見せてくれる。寄席で見るような大神楽を見るような、「芸」と舞いの融合したものを見せてくれる。

hirome09_16.jpghirome09_17.jpg

hirome09_18.jpg

7月1日(水)の木直稲荷神社の宵宮祭で、神楽が披露されるというので、興味のある方は、訪れてご覧になってみてはいかがだろうか。


コメントの投稿

非公開コメント

大規模な更新

おぉ、今回の更新は大規模ですね。南茅部はお互いに縁の深い所ですが、一度も祭りを見る機会がありません。この日の札幌はイベントの山で当然に仕事漬け。鹿部町の祭りも仕事でダメです。残念。それでも道南地区はまだまだ祭りがたくさんあるので、生神楽を見てみたいです。
プロフィール

及川 修

Author:及川 修
松前神楽は、松前藩主自ら祭主となり、藩の城内神事として行われ始めたのは1674年から明治の廃藩置県まで、神職により御城神楽として隔年に行われた大神事であり、その作法は厳格であります。約350年の歴史を持つ北海道道神事芸能で、比較的に開拓して歴史の浅い北海道では珍しい郷土芸能であります。松前藩主が松前神楽を見て、「よくできてそうろう」とおっしゃったことから、「良き候」とブログタイトルに入れ、松前神楽の魅力や北海道の郷土芸能を紹介しております。渡島・桧山地方では近くの神社で奏上されているので、お祭りの際は誰でも見学可能です。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
カウンター

リンク
スポンサー
ブログ内検索
コマーシャル
コマーシャル2
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。