スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

厚沢部町 館城跡まつり 当路鹿子舞

今回はじめて行くイベントで、厚沢部の館城跡まつりである。
昨日、ポスターを見ると「当路鹿子舞」が行われるようで、そういえば厚沢部の鹿子舞(ししまい)を忘れていた。すっかり松前神楽の取材に集中していたこともあり、郷土芸能を忘れていた訳ではないが、厚沢部の鹿子舞(ししまい)を取材したかったのだ。数年前に厚沢部の役場まで行き関係者の連絡先を教えてもらいながら、それっきりでした。厚沢部の鹿子舞(ししまい)は、「鹿」であり、獅子ではない。

touro_09_01.jpg

touro_09_02.jpg

舞台の真ん中に木を立てて行われる。鹿たちがこの木を倒す様が見られる。

touro_09_03.jpg

touro_09_04.jpg

メスをめぐり争う様が見られる。そして仲直りし、終わる。というパターンが見られる。
厚沢部の鹿子舞(ししまい)が、各部落に伝わっており行われている。各所で神社のお祭りで行われている。

続けて行われた「維新行列」を見た。五稜郭祭で行われているが、その方々が行っているようだ。大砲を撃って、行列を盛り上げている。

touro_09_05.jpg

今後も厚沢部の鹿子舞(ししまい)を取材して行きたいと思う。

コメントの投稿

非公開コメント

鹿子舞?

 へぇー鹿子舞ですか。初めて知りました。松前、江差、厚沢部と、周辺地域においても違いがあるものですね。
プロフィール

及川 修

Author:及川 修
松前神楽は、松前藩主自ら祭主となり、藩の城内神事として行われ始めたのは1674年から明治の廃藩置県まで、神職により御城神楽として隔年に行われた大神事であり、その作法は厳格であります。約350年の歴史を持つ北海道道神事芸能で、比較的に開拓して歴史の浅い北海道では珍しい郷土芸能であります。松前藩主が松前神楽を見て、「よくできてそうろう」とおっしゃったことから、「良き候」とブログタイトルに入れ、松前神楽の魅力や北海道の郷土芸能を紹介しております。渡島・桧山地方では近くの神社で奏上されているので、お祭りの際は誰でも見学可能です。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
カウンター

リンク
スポンサー
ブログ内検索
コマーシャル
コマーシャル2
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。