スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福島町 川濯神社 新年祭

今年は白符大神宮新年祭から始まり、福島町で行われる松前神楽をみさせてもらっている。
今回は川濯神社(かわそじんじゃ)新年祭である。川濯神社(かわそじんじゃ)は、福島大神宮境内にあり、土俵と社務所の間にある小さい神社である。
本日は、女性のお祭りということで、福島町内の女性がいらっしゃって、神事が粛々と行われ松前神楽が奉納された。

松前神楽の一つとされる、鎮釜湯立て式の始まる前に、神楽始(かぐらそめ)が行われた。

kawaso_09_1.jpg
神楽始(かぐらそめ)

kawaso_09_2.jpg
鎮釜湯立て式

↓「続きを読む」をクリックすると続きます。

神楽始(かぐらそめ)をはじめ、鎮釜湯立て式、祝詞舞・福田舞・鈴上げ・庭散米舞・八乙女舞・注連切・獅子舞(五方・佐々良)と行われ、ボリュームのある内容となった。

kawaso_09_3.jpg
祝詞舞
kawaso_09_4.jpg
鈴上げ
kawaso_09_5.jpg
庭散米舞
kawaso_09_6.jpg
八乙女舞
kawaso_09_7.jpg
注連切
kawaso_09_8.jpg
獅子舞
kawaso_09_9.jpg
佐々良

平日でもたくさんの参列者があり、松前神楽で盛り上がった。このお祭りも昨年から復活した行事らしく、今後も行われる神事になるだろう。
準備された、福島町の女性の方や関係者には、大変お世話になりました。

tag : 北海道 福島町 松前神楽

コメントの投稿

非公開コメント

女性パワー

 地元の皆さんの郷土愛を感じ入ります。今回は女性が主役ですか。暖房があるとはいえ、寒い中練習し、準備してきたのですね。これからも継続して、後世に伝えていってほしいですね。それにしても、実際に見てみたかったですね。

庭散米舞じゃなくて、
二羽散米舞じゃないでしょうか?

コージさん

「庭散米舞」ですが、福島町ではこう書くのです。「二羽散米舞」でも間違えではないのですが、このブログでは、地域に合わせた表現を尊重してそのまま書くことにしています。
こういうのも地域で、異なるので「松前神楽」を見て回ると面白いのです。

へぇそうなんですか・・・
また一つ勉強になりました。
福島式や松前式はあまり見ないのでわからないんですよ。
函館式は、腐るほど見て居るんですが・・・
今度見に行ってみますね。
プロフィール

及川 修

Author:及川 修
松前神楽は、松前藩主自ら祭主となり、藩の城内神事として行われ始めたのは1674年から明治の廃藩置県まで、神職により御城神楽として隔年に行われた大神事であり、その作法は厳格であります。約350年の歴史を持つ北海道道神事芸能で、比較的に開拓して歴史の浅い北海道では珍しい郷土芸能であります。松前藩主が松前神楽を見て、「よくできてそうろう」とおっしゃったことから、「良き候」とブログタイトルに入れ、松前神楽の魅力や北海道の郷土芸能を紹介しております。渡島・桧山地方では近くの神社で奏上されているので、お祭りの際は誰でも見学可能です。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
カウンター

リンク
スポンサー
ブログ内検索
コマーシャル
コマーシャル2
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。