スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福島町 白符大神宮 新年祭

清部の招待神楽が、今年はないということで、もう神楽を見れる機会がないのかと思いきや、お世話になっている福島神楽保存会の人から連絡を貰い、取材させてもらう事にした。
数年前から、例祭にお邪魔させてもらい、郷土芸能・荒馬踊りと松前神楽が取材できるので、通わせてもらった。が、昨年から荒馬踊りが行われなくなった。初めて行く神社ではない。

門払いの終わり近くに到着し、神事が始まるということで、門払い行列を待つことにした。

sirafu09_1-1_01.jpg
門払い

sirafu09_1-1_02.jpg
門払い

↓「続きを読む」をクリックすると続きます。

新年祭が始まり、祝詞・玉串を納め、鎮釜湯立て式が始まった。新年から例祭のような神事が行われるのを見るのは初めてだった。

sirafu09_1-1_03.jpg
鎮釜湯立て式

松前神楽の奉納となる。今回行われた松前神楽は、神楽始(かぐらそめ)・祝詞舞・福田舞・庭散米舞・三番叟・〆切・獅子舞が行われた。
正月から、神楽始と〆切が見れるとは思わなかった。さすが、神楽が浸透している福島町だと感じられた。

sirafu09_1-1_04.jpg
神楽始(かぐらそめ)

sirafu09_1-1_05.jpg
祝詞舞

sirafu09_1-1_06.jpg
福田舞

sirafu09_1-1_07.jpg
庭散米舞

sirafu09_1-1_08.jpg
三番叟

先代の〆切舞いを初めて見させてもらった場所も、この白符大神宮であり、現宮司のも初めて見させてもらった。この舞いは斎主が行う舞いである。

sirafu09_1-1_09.jpg
〆切

sirafu09_1-1_10.jpg
獅子舞

正月から松前神楽を見れるいい正月になり、今年も松前神楽の取材をして行こうとお願いし無事に新年祭は終了した。

tag : 北海道 松前神楽

コメントの投稿

非公開コメント

またまた正月早々におめでたい

 おぉ、今度は福島町に出張ですね。正月早々に神楽が見られるとは。でも、考えてみると、獅子舞は本来正月にやるものだったような気がするので、これが自然なのかもしれませんね。とにかく幸先のよいスタートですね。

プロフィール

及川 修

Author:及川 修
松前神楽は、松前藩主自ら祭主となり、藩の城内神事として行われ始めたのは1674年から明治の廃藩置県まで、神職により御城神楽として隔年に行われた大神事であり、その作法は厳格であります。約350年の歴史を持つ北海道道神事芸能で、比較的に開拓して歴史の浅い北海道では珍しい郷土芸能であります。松前藩主が松前神楽を見て、「よくできてそうろう」とおっしゃったことから、「良き候」とブログタイトルに入れ、松前神楽の魅力や北海道の郷土芸能を紹介しております。渡島・桧山地方では近くの神社で奏上されているので、お祭りの際は誰でも見学可能です。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
カウンター

リンク
スポンサー
ブログ内検索
コマーシャル
コマーシャル2
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。