スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

松前神楽雑記 松前町・清部松前神楽保存会

数年前からお世話になって、神楽の取材をさせてもらっている松前町・清部松前神楽保存会に、あらためて毎年正月に行われている「招待神楽」は、もう行われないのかと聞いてみると、楽人が揃い、要望があれば正月に限り、出張してくれるということだった。今年のはじめの記事で行われないという記事を書いたが、招く家がなかったらしい。ついに伝統が無くなるのかと残念だったが、安心した。

函館近郊でもこの清部地区の松前神楽を披露してくれるようである。以前にも出張して家の中で、招待神楽が行われたことがあったようだ。

毎年元旦から、門払いを行い、神社に戻ると松前神楽の奉納があるということである。

kiyobe_2007_001.jpg
招待神楽の帰り神社に向かう(2006年撮影)

コメントの投稿

非公開コメント

出張神楽

 伝統が途切れないよう、関係者の苦労がうかがえます。日本が今までに経験したことのないような、閉塞経済状況ではなかなか資金が捻出できないのかもしれません。それでも郷土芸能は確実に受け継がれていくと、前向きに考えたいですね。それにしても1月の神楽は気候的にもきつそうですね。夏の暑さよりも。
プロフィール

及川 修

Author:及川 修
松前神楽は、松前藩主自ら祭主となり、藩の城内神事として行われ始めたのは1674年から明治の廃藩置県まで、神職により御城神楽として隔年に行われた大神事であり、その作法は厳格であります。約350年の歴史を持つ北海道道神事芸能で、比較的に開拓して歴史の浅い北海道では珍しい郷土芸能であります。松前藩主が松前神楽を見て、「よくできてそうろう」とおっしゃったことから、「良き候」とブログタイトルに入れ、松前神楽の魅力や北海道の郷土芸能を紹介しております。渡島・桧山地方では近くの神社で奏上されているので、お祭りの際は誰でも見学可能です。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
カウンター

リンク
スポンサー
ブログ内検索
コマーシャル
コマーシャル2
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。