スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北斗市 有川大神宮本祭

昨日の宵宮祭に引き続き、本祭の神楽も取材させてもらう。
道南での今年最後の例祭の神楽だけに、来年まで見られないのが寂しさを感じる。

毎年同様、鎮釜湯立て式も行われた。
鎮火祭ということで、神社、及び町に火事を起こさないための神事だそうだ。釜に笹を入れ様子を見て、1年の吉凶も占うようなことにもなっているようだ。

arikawa_08_05.jpg
鎮釜湯立て式

「続きを読む」をクリックすると続きます。
本日奉納された松前神楽は、榊舞・二羽散米舞・三番叟・神遊舞・山神・注連祓舞・獅子舞(五方舞・佐々良)の6座。昨年、荒馬舞が奉納されたが見られなかった。

最初に行われる榊舞(幣帛舞 みてくらまい)は、片手に御幣、鈴を持ち、神職の神明奉仕の姿を表した舞いである。

arikawa_08_06.jpg
榊舞

二羽の雄雌の瑞鳥の形をした鳥兜を頭につけて、夫婦円満、平和を表現した舞であり、四方に米をまき散らし、五穀豊穣を祈願した舞いでもある。

arikawa_08_07.jpg
二羽散米舞

精力絶倫の老翁が、いい子孫に恵まれ、健康で長寿であることを喜び、元気に舞い遊ぶ様を表現しためでたい舞いである。

arikawa_08_08.jpg
三番叟

二人の貴人が弓矢を持って四方の悪魔を退散し、正しい心に返す意の舞で、松前藩の威徳を内外に示し、天下泰平を祈願した舞いである。

arikawa_08_09.jpg
神遊舞

山の神様に舞人が、海鳥の仕草をまねて山の神様にお見せする舞いでる。

arikawa_08_10.jpg
山神

白扇を持で四方と中央を祓い、真剣を持って注連縄を払い、悪魔退散・国土安穏・千秋万才を祝福した舞いで、斎主が行う舞いである。

arikawa_08_11.jpg
注連祓舞

信心堅固・家内繁栄を招く悪魔祓いの舞いである。

arikawa_08_12.jpg
獅子舞

五方舞から「面足獅子」つまり、猿田彦が登場し獅子を手玉に取り、平和な世の中を招く悪魔降伏の舞いである。

arikawa_08_13.jpg
佐々良




今年の道南地方で行われる例祭は、ここで終了しました。昨年より訪問した神社は多くなっていました。遠くは瀬棚まで取材をして回りました。

今年、取材を快くさせて頂いた神社には大変お世話になりました。この場をおかりしてお礼申し上げます。来年もしお邪魔することがあれば、よろしくお願いします。

コメントの投稿

非公開コメント

お疲れ様でした。

今年一年、ガソリン高騰のなか、道南地方をくまなく廻り訪問しましたね。時に眠い目を擦りながら、時に日付変更線をまたぎながら。こちらは仕事の都合でほとんど見ることができませんでしたが、神楽の面白さが少しずつ見えてきた気がします。今年一年、お疲れ様でした。
プロフィール

及川 修

Author:及川 修
松前神楽は、松前藩主自ら祭主となり、藩の城内神事として行われ始めたのは1674年から明治の廃藩置県まで、神職により御城神楽として隔年に行われた大神事であり、その作法は厳格であります。約350年の歴史を持つ北海道道神事芸能で、比較的に開拓して歴史の浅い北海道では珍しい郷土芸能であります。松前藩主が松前神楽を見て、「よくできてそうろう」とおっしゃったことから、「良き候」とブログタイトルに入れ、松前神楽の魅力や北海道の郷土芸能を紹介しております。渡島・桧山地方では近くの神社で奏上されているので、お祭りの際は誰でも見学可能です。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
カウンター

リンク
スポンサー
ブログ内検索
コマーシャル
コマーシャル2
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。