スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

せたな町 平成20年度松前神楽小樽ブロック合同公演

昨年は、小樽稲荷神社で行われた小樽ブロック合同公演は、今年、せたな町で行われた。
今年も取材させてもらう。
今年取材してわかったのは、後志方面は松前神楽が盛んであるということだ。小樽ブロックとして毎年合同公演をして、一般に披露している。今年は、せたな町・瀬棚町民センターで行われた。

本日は、惣神拝、神楽始(かぐらそめ)と行い、榊舞・福田舞・鈴上げ・利生舞・兵法舞・神遊舞・四ヵ散米舞(しかさごまい)・二羽散米舞・松前遊舞(荒馬舞)・翁舞・三番叟・鈴上げ・山神・獅子御稜威舞(みいつまい)+五方舞+佐々良と行われた。

otarugoudo08_01.jpg
幣帛舞(みてくらまい)事比羅神社 綿谷宮司

otarugoudo08_02.jpg
福田舞 寿都松前神楽保存会

「続きを読む」をクリックすると続きます。

会場の舞台上で行われた。ライトはボーダーライト(上の幕で隠している色フィルターの入れれる照明器具)であったが、2色フィルターが入っていたため、カメラの発色が赤の方向に引っ張られて時折、写真が見苦しいくなっていると思うが、これでも元にしようと努力した。

鈴上げは、2人で舞われた。今年の事比羅神社宵宮祭と同じ子だった。

otarugoudo08_03.jpg
鈴上げ 松前神楽瀬棚保存会
otarugoudo08_04.jpg
鈴上げ 松前神楽瀬棚保存会

otarugoudo08_05.jpg
利生舞 神恵内松前神楽保存会

otarugoudo08_06.jpg
兵法舞 松前神楽瀬棚保存会

otarugoudo08_07.jpg
神遊舞 神恵内松前神楽保存会

昨年同様に、4人舞いである四ヵ散米舞(しかさごまい)は、4人の女の子で行われた。

otarugoudo08_08.jpg
四ヵ散米舞(しかさごまい) 寿都松前神楽保存会

会場が会館なので、神遊舞の時に放たれた矢を会場の皆様にプレゼントする。

otarugoudo08_09.jpg
瀬棚地区、事比羅神社・綿谷宮司

otarugoudo08_10.jpg
二羽散米舞 松前神楽瀬棚保存会

otarugoudo08_11.jpg
松前遊舞(荒馬舞) 寿都松前神楽保存会

翁舞は難しい舞いであるとされ、見ている方にも伝わる舞いである。素晴らしかった。
「よーそろー」と言いそうになった。

otarugoudo08_12.jpg
翁舞 後志松前神楽会

精力絶倫のおじいさんの舞いの三番叟。元気な様子を舞で見せてくれた。

otarugoudo08_13.jpg
三番叟 後志松前神楽会

一人舞いでの、鈴上げを披露。

otarugoudo08_14.jpg
鈴上げ 松前神楽瀬棚保存会

otarugoudo08_15.jpg
山神 小樽松前神楽保存会

今年の事比羅神社例大祭で、初めて見せてもらった盆舞。三条神楽のひとつで、太平楽という名前だった。コミカルな舞いで、会場を賑わせていた。

otarugoudo08_16.jpg
太平楽 小樽松前神楽保存会

今年も御稜威舞(みいつまい)が見れた。獅子舞のはじめに、副祭主が舞う舞で刀と扇子を使い行う舞である。

otarugoudo08_17.jpg
獅子御稜威舞(みいつまい) 後志松前神楽会

otarugoudo08_18.jpg
獅子舞中廻し 後志松前神楽会

otarugoudo08_19.jpg
獅子舞・佐々良 小樽松前神楽保存会

道南中心に取材していると、後志方面に行くことが難しいが、このように毎年に会場を変え、小樽ブロックとして披露するのは素晴らしいことだと感じられた。
「見せる」ことにより、やってみたいという人が出てくるだろうから、機会を増やすのは次に繋げる作用があるように感じられた。


コメントの投稿

非公開コメント

瀬棚なら

小樽の神楽がせたなで見られるなら、まだ函館からは近いと思いますが、それでもやはり遠いですね。それでもこの機会はやはりチャンスなんだと思います。小樽ブロックということだから、せたなまで子供達もご足労願ったのですね。頼もしい未来の継承者達ですね。保存会もあるのですか。

今年も撮影ご苦労様でした、神恵内の斉藤です。
今年は他の撮影で忙しそうでしたので、情報UPしませんでした。
すみません。
神恵内からは子供5人+宮司親子(板谷)さんが参加しました。
瀬棚は遠いですね・・・10時発で帰宅は21時でした、私は仕事で参加出来ず、かみさんががんばりました^^;。
何度も書きましたが、瀬棚の綿谷宮司さんは神恵内出身、鹿部の濱村宮司さんも神恵内出身、仁木の板谷宮司さんも神恵内出身です。
皆さん神恵内村の松前神楽保存会で育った先輩です。
現在も月に2回、板谷宮司の指導で神恵内神社で練習をしています、あるいみ神恵内村の伝統となってます。
神恵内村の厳島神社の宵宮祭で子供達+大人、本祭は大人の神楽が舞われます(宵宮祭7月14日/本祭7月16日)
ご都合がよければ一度ご覧下さい。(函館方面のような賑わいはないです、自分も一度そちらに行きたいです)
最後になりますが、来年は鬼鹿(留萌)が会場となります。

神恵内 斉藤様

コメントありがとうございます。今年は瀬棚でしたので、頑張って行ってみました。留萌になると難しいかもしれないのですが・・・
鬼鹿の松前神楽も取材したいので、来年に取材したいと考えています。

「松前神楽の写真集」を企画しておりまして、北海道にある松前神楽保存会を紹介し、舞いの解説や各保存会のいわれも入れて、一冊の写真集にしたいと考えています。神恵内も保存会があるので、取材したいと考えていました。道南は全ては行けないので、でもだいたい撮影できていると思われます。後志方面は未開拓なので来年は、神恵内にもお邪魔したいと考えていますので、その際はよろしくお願いします。
プロフィール

及川 修

Author:及川 修
松前神楽は、松前藩主自ら祭主となり、藩の城内神事として行われ始めたのは1674年から明治の廃藩置県まで、神職により御城神楽として隔年に行われた大神事であり、その作法は厳格であります。約350年の歴史を持つ北海道道神事芸能で、比較的に開拓して歴史の浅い北海道では珍しい郷土芸能であります。松前藩主が松前神楽を見て、「よくできてそうろう」とおっしゃったことから、「良き候」とブログタイトルに入れ、松前神楽の魅力や北海道の郷土芸能を紹介しております。渡島・桧山地方では近くの神社で奏上されているので、お祭りの際は誰でも見学可能です。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
カウンター

リンク
スポンサー
ブログ内検索
コマーシャル
コマーシャル2
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。