スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北斗市茂辺地地区 矢不来天満宮宵宮祭

北斗市の茂辺地地区の大祭の年になる、例大祭の宵宮祭を取材させてもらう。
本来、24、25、26日の3日間となるが、今回は諸事情により25、26、27日となったようだ。
3年に一度行われるこの大祭は、盛大に行われる。行列、神輿も3年に一度の大祭に気合いが入るのだと思われる。渡御祭は明日ということで、本日は宵宮祭である。

祭礼が行われ、その後に松前神楽が奉納される。この日は、榊舞・福田舞・鈴上げ・利生舞・獅子舞の5座行われた。

yafuyoimiya_08_01.jpg
榊舞(祝詞舞ともいう)

yafuyoimiya_08_02.jpg
福田舞

鈴上げは、天女が天降る様を表現した舞いで、もっとも優雅な舞いである。
今回の鈴上げも、2人で行われた。練習も3回行われただけということだったが、難なく行われたようだ。

yafuyoimiya_08_03.jpg
鈴上げ

yafuyoimiya_08_04.jpg
利生舞

yafuyoimiya_08_05.jpg
獅子舞

明日は、渡御祭である。3年に一度、矢不来天満宮の神様が町の繁栄を見て練り歩く為のお祭りである。町の人もこのお祭りを楽しみにしているようだ。奴行列も出て、立派な行列だ。只、やはり少子化の問題もあり参加者が少ないようである。伝統を維持させるというのは、これからの時代には難しいようだ。



コメントの投稿

非公開コメント

地元

地元のお祭りですね。おっと、どこかで見たような宮司さんが、、、
あの地域は少子化という感じがあまりしませんが、やはりそうなのですね。
プロフィール

及川 修

Author:及川 修
松前神楽は、松前藩主自ら祭主となり、藩の城内神事として行われ始めたのは1674年から明治の廃藩置県まで、神職により御城神楽として隔年に行われた大神事であり、その作法は厳格であります。約350年の歴史を持つ北海道道神事芸能で、比較的に開拓して歴史の浅い北海道では珍しい郷土芸能であります。松前藩主が松前神楽を見て、「よくできてそうろう」とおっしゃったことから、「良き候」とブログタイトルに入れ、松前神楽の魅力や北海道の郷土芸能を紹介しております。渡島・桧山地方では近くの神社で奏上されているので、お祭りの際は誰でも見学可能です。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
カウンター

リンク
スポンサー
ブログ内検索
コマーシャル
コマーシャル2
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。