スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

知内町 雷公神社本祭

知内町にある雷公神社の本祭を昨年同様に、取材させてもらった。これも昨年同様、最後の神楽まで見れなかったが、見れたまでの神楽を紹介したい。
神社行列に、四ヶ散米(しかさご)行列が出ていることで、昨年も見せてもらった。
今年も神社に戻る少し前から見ていた。中学生を中心に構成されていると思われる。

siriuti_08_01.jpg
四ヶ散米(しかさご)行列

「続きを読む」をクリックすると続きます。

祭礼が終了すると、鎮釜湯立て式が行われる。

siriuti_08_02.jpg

鎮火祭ということで、神社、及び町に火事を起こさないための神事だそうだ。釜に笹を入れ様子を見て、1年の吉凶も占うようなことにもなっているようだ。

siriuti_08_03.jpg

松前神楽は、榊舞・二羽散米舞・兵法舞・三番叟・翁舞・神遊舞・山神・注連祓舞・獅子舞+佐々良の9座行われた。

siriuti_08_04.jpg
榊舞(さかきまい)

siriuti_08_05.jpg
二羽散米舞(にわさごまい)

siriuti_08_06.jpg
秘曲・兵法舞(ひょうほうまい)

siriuti_08_07.jpg
三番叟(さんばそう)

siriuti_08_09.jpg
山神(さんじん)

siriuti_08_10.jpg
注連祓舞(しめはらいまい)

※「翁舞」と「獅子舞」の写真が無いが、ある事情の為に割愛させてもらう。

佐々良(ささら)まで時間が無くなり、北斗市の瑞石神社に向かうことにした。最後まで見ることが出来なくなってしまった。
今年は、兵法舞が珍しく行われた。普段は行われない舞いだが、近年数カ所の神社で行われていることがわかった。「秘曲」とされたのは、アイヌと和人の戦いを表現した舞いであり、少し遠慮した経緯があり「秘曲」とされた。弁慶・牛若といった二条大橋の名場面と見てもらえればいいだろう。昨年は、獅子舞のフルセットを見られたが、御稜威舞(みいつまい)は見られるだろうと思っていたが行われなかった。

コメントの投稿

非公開コメント

なかなかハードなスケジュールで。

いやー今度は知内町ですか。ここ連日、神楽めぐりですな。
この時期は道南の各地で集中して行われるのですね。
プロフィール

及川 修

Author:及川 修
松前神楽は、松前藩主自ら祭主となり、藩の城内神事として行われ始めたのは1674年から明治の廃藩置県まで、神職により御城神楽として隔年に行われた大神事であり、その作法は厳格であります。約350年の歴史を持つ北海道道神事芸能で、比較的に開拓して歴史の浅い北海道では珍しい郷土芸能であります。松前藩主が松前神楽を見て、「よくできてそうろう」とおっしゃったことから、「良き候」とブログタイトルに入れ、松前神楽の魅力や北海道の郷土芸能を紹介しております。渡島・桧山地方では近くの神社で奏上されているので、お祭りの際は誰でも見学可能です。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
カウンター

リンク
スポンサー
ブログ内検索
コマーシャル
コマーシャル2
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。