スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鹿部町 本別稲荷神社本祭

昨日の渡御祭に引き続き、鹿部町・本別稲荷神社本祭を取材させてもらう。
神事が行われ、鎮釜湯立て式に入る。

honbetu_08_25.jpg

honbetu_08_13.jpg
鎮釜湯立て式

鎮火祭ということで、神社、及び町に火事を起こさないための神事だそうだ。釜に笹を入れ様子を見て、1年の吉凶も占うようなことにもなっているようだ。

honbetu_08_14.jpg
湯で周辺を清める

湯立て式が終わると、残りの湯の中にお神酒を入れ笹湯として参詣者にふるまわれる。

「続きを読む」をクリックすると続きます。

松前神楽は、榊舞・鈴上げ・二羽散米舞・翁舞・三番叟・荒馬舞・神遊舞・山神・注連祓舞・獅子舞+佐々良の10座行われた。

祭主が最初に、片手に御幣、鈴を持ち、神職の神明奉仕の姿を表した舞いである。

honbetu_08_15.jpg
榊舞

honbetu_08_16.jpg
鈴上げ

honbetu_08_17.jpg
二羽散米舞

honbetu_08_18.jpg
翁舞

honbetu_08_19.jpg
三番叟

個人的に好きな「荒馬舞」である。この日の荒馬は激しく本殿を走って開場を湧かせた。

honbetu_08_20.jpg
荒馬舞

この舞で、矢を天井に打ち上手く刺さるかどうかしているが、今日は5本中全て天井に刺さった。たいていは、1本くらいは刺さらないが、全て刺さった。

honbetu_08_21.jpg
神遊舞

honbetu_08_22.jpg
山神

真剣を使用する舞いで、息を呑む舞いである。

honbetu_08_23.jpg
注連祓舞

honbetu_08_26.jpg
獅子舞

honbetu_08_24.jpg
佐々良

さすがに、連日の地方の取材に疲れた。
松前神楽の各舞いの瞬間を切り取る作業をしているのだが、本当に疲れる。撮り損なえば来年までチャンスが無いからだ。
同じ舞いでも、あの人のあの舞いのあの瞬間といったところまで狙っていると、本当に目が疲れる。

コメントの投稿

非公開コメント

おお、鹿部の神楽

おお、鹿部の神楽ですね。こちらが神楽というものに関心を持ち始めたのも、この町での神楽でした。名物宮司さんも華麗なジャンプを見せてくれたのですね。行きたかったなぁー
プロフィール

及川 修

Author:及川 修
松前神楽は、松前藩主自ら祭主となり、藩の城内神事として行われ始めたのは1674年から明治の廃藩置県まで、神職により御城神楽として隔年に行われた大神事であり、その作法は厳格であります。約350年の歴史を持つ北海道道神事芸能で、比較的に開拓して歴史の浅い北海道では珍しい郷土芸能であります。松前藩主が松前神楽を見て、「よくできてそうろう」とおっしゃったことから、「良き候」とブログタイトルに入れ、松前神楽の魅力や北海道の郷土芸能を紹介しております。渡島・桧山地方では近くの神社で奏上されているので、お祭りの際は誰でも見学可能です。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
カウンター

リンク
スポンサー
ブログ内検索
コマーシャル
コマーシャル2
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。