スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福島町 福島大神宮渡御祭

昨日に引き続き、福島大神宮例大祭の渡御祭を取材させてもらう。
昨年は、都合上この渡御祭の取材はしていなかった。神楽は行われないが、行列の素晴らしさを見るだけでもいいだろう。猿田彦の権限が強い土地で、威厳のある風格で町を練り歩く。

fukusima_08_10.jpg
本殿から行列が下りてくる

渡御の行列の中、楽人が生演奏で町を練り歩く。先代宮司もこの渡御は、神様に年に一度町の様子を見ていただき、町の様子を知ってもらうことであり、行であるとおっしゃっていた。神社の行列をはじめ、踊り山車の方々も福島町の中を神輿と共に、この行をおこなうことが「祭り」というものだと感じられた。

楽人の中で、最年少の福島小3年中塚隆太朗君は、神楽が大好きで、家にいても神楽の練習をしているほど神楽好き。笛の練習もこの渡御の最中に、先輩方に教えてもらっていた。

fukusima_08_27.jpg
若手育成もこの渡御でしている

笛だけでなく、太鼓も教えてもらい実践に挑む、中塚隆太朗君。

fukusima_08_28.jpg

「続きを読む」をクリックすると続きます。

神社行列の後から、町内の踊り山車が出ている。ここでは踊り山車を少し見ていただきたい。

fukusima_08_12.jpg

踊り山車は、各山車演歌の曲に合わせて綺麗に踊っていた。

fukusima_08_13.jpgfukusima_08_20.jpg

fukusima_08_21.jpgfukusima_08_22.jpg

fukusima_08_23.jpg

fukusima_08_17.jpg

今年も踊り山車も賑やかであった。この山車も福島町の人は、楽しみにしているだろうと思われる。神社行列が過ぎても、山車を待っている観客がいたが、昨年に比べると少ないような感じもした。

神社行列と踊り山車が交差する地点。今日も天気が素晴らしい。

fukusima_08_29.jpg
猿田彦と踊り山車

岩部地区に向かう海岸線の、塩釜神社近くの丸山神社の登山口まで神輿が入る。
正月門払いに来たことがあり、覚えている。でもまだ丸山神社まで行ったことがない。
聴くところによると、標高三〇七・五メ-トルの丸山であり、急な坂をよじ登るほどのところにあるそうで、神社本殿を再建するにもヘリコプターで資材を運び、再建したようである。登山口から本殿の方向に向かい、神輿と共に二礼二拍手一礼をした。

fukusima_08_30.jpg

夕方、4時過ぎに行列が月崎神社に入り、神事を行い、この日の渡御祭は終了となった。

fukusima_08_31.jpg
月崎神社に到着する猿田彦

距離的に今日が一番距離があった。流石に疲れました。明日は、渡御と神楽がある。

コメントの投稿

非公開コメント

頼もしい若手

頼もしい後継者がいますね。この年代で神楽が大好きなんて。天候に恵まれ盛り上がったようですね。全町民と警察官も協力しての、一年で一番賑やかなひと時だったのでしょうか。
プロフィール

及川 修

Author:及川 修
松前神楽は、松前藩主自ら祭主となり、藩の城内神事として行われ始めたのは1674年から明治の廃藩置県まで、神職により御城神楽として隔年に行われた大神事であり、その作法は厳格であります。約350年の歴史を持つ北海道道神事芸能で、比較的に開拓して歴史の浅い北海道では珍しい郷土芸能であります。松前藩主が松前神楽を見て、「よくできてそうろう」とおっしゃったことから、「良き候」とブログタイトルに入れ、松前神楽の魅力や北海道の郷土芸能を紹介しております。渡島・桧山地方では近くの神社で奏上されているので、お祭りの際は誰でも見学可能です。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
カウンター

リンク
スポンサー
ブログ内検索
コマーシャル
コマーシャル2
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。