スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

せたな町 事比羅神社宵宮祭

今回、せたな町の事比羅神社を取材させてもらった。

せたな町は、2005年9月に北檜山町・瀬棚町・大成町が市町村合併し、現在は瀬棚区となった。
今年で、事比羅神社ご鎮座170年ということで、今年のお祭りに気合いを感じた。

祭礼ギリギリに、せたな町に到着し、なんとか撮影にとりつけた。神楽奉納は、祭礼の最後に行われた。本殿で行われた神楽は、福田舞・三番叟・翁舞の3座と、盆舞という舞いであった。

今回、福田舞を披露するのが初めてということらしいが、軽やかに披露された。

setana08_01.jpg
福田舞

setana08_02.jpg
三番叟

setana08_04.jpg
翁舞

盆舞については詳しいことを知らないが、コミカルな表現で華麗に盆を手のひらから落とさないで舞う舞いであった。

setana08_03.jpg

「続きを読む」をクリックすると続きます。

祭礼終了後に、山車がある開場に向かう。山車を前に、神楽も行われるという。メイン会場に行く間は、先頭に2人くらいで、鰊場の沖揚げ音頭・江差でいう「切り声」をしながら開場まで向かう。なんとも行列のBGMとしては最高である。この土地柄を表現した声を聞いた。これはいいお祭りだ。

setana08_05.jpg
山車のある会場に向かう

setana08_06.jpg
開場に到着

神社関連の行列が到着すると、山車の人形の顔が白い布で隠されていたのが取られ、魂入れが行われる。

setana08_07.jpg
山車に魂を入れる

そして、この山車を前で松前神楽が行われた。
鈴上げ・利生舞・神遊舞・獅子舞と4座行われた。この日だけで7座が行われた。

鈴上げは、2人構成で行われた。

setana08_08.jpg
鈴上げ

二羽散米舞の省略した舞いである。函館を中心で見ている「利生舞」とは異なり、動きに勢いがある。同じ舞いでも、舞い方が異なるのは面白い。

setana08_09.jpg
利生舞

二人で一生懸命に、神遊舞が行われた。見ていても真剣な表情に感動した。

setana08_10.jpg
神遊舞

獅子舞も、函館を中心で見ている舞い方に違いを見た。スピーディな動きで、迫力があった。

setana08_11.jpg
獅子舞(五方)

獅子に噛まれながら、宮司まで連れられた子供にはお菓子が与えられた。

setana08_12.jpg
獅子につれられて子供にいいことがあった

setana08_13.jpg
神楽が終わると、神社に戻る

神楽が終わると、山車の太鼓の馬鹿囃子が行われた。日本海側のお祭りには、山車が出て渡御するお神輿の後を練り歩く風習が残っていて、お祭りを盛り上げている。

setana08_14.jpg
遮二無二叩かれる太鼓

太鼓の乱れ打ちだけではなく、ここでは芸能も披露される。山車の前で各町内で数組の出し物を用意して、神輿の後を盛り上げている。ちゃんとした日本舞踊であったり、歌謡曲に合わせた舞いであったり様々で面白い。

setana08_15.jpg

setana08_16.jpg

setana08_17.jpg

宵宮祭では、山車が集まる開場で各山車2組ずつの芸能が披露された。明日は、町中で場所場所で、芸能が披露される。夜遅くまで披露されるそうだ。
本来は宿泊し、明日に備えたいが、カメラのバッテリーが無くなりつつあるので、戻る事にした。今度は、宿泊してゆっくり見て行きたい。

コメントの投稿

非公開コメント

神楽は神主じゃなくても出来るのですか?私もやりたいです。女はダメなんでしょうか。

なんとも賑やかな

 今回も遠くまで足を運んだのですね。お疲れ様です。
こちらの祭りは神楽だけでなく、日本舞踊も披露されるのですか。祭りを盛り上げようという地元民の熱意がわかります。ここでも子供達ががんばっているのですね。頼もしいことです。

コメントありがとうございます

>神楽好きの女さま
いつもありがとうございます。
先日、友人を神楽見学に連れて行き、直会に一緒に参加させてもらった。ふと女性の友人が、「お神楽って習えるの?」と聞くので、私の前にいらっしゃっいた、いつもお世話になっている宮司さんに聞いてみた。
「30歳越えても、神楽習えるのですか?」と。
「年齢は関係ないし、大丈夫ですよ」とおっしゃいましたから、教えてくれるでしょう。私も本当は習いたいのですが、今は撮影に専念しております。もし、本当に考えていらっしゃるのでししたら、ご紹介しましょうか?よろしかったら、左のメールフォームからお知らせ下さい。

>不名誉.comさん
いい祭りでした。今年は、頑張って5台の山車が出たそうで、昨年は3台くらいだったそうです。御鎮座170年ということもあり、皆さんが頑張って出したということです。芸能の披露も、力が入っていますよ。機会があれば、来年行きますか?


銭亀八幡神社の宮司さんに踊りとお囃子と教えてもらいたいんですよね。まったく知らない人よりちょっと話した事ある人のほうがいいので……
お願いしたら教えてくれますかね。。

>神楽好きの女さん
そうですね、私としても神楽好きの女さんとはお会いになったこともありませんし、詳細はこのコメントの投稿でやりとりするよりも、ご希望の門を叩くことをおすすめします。湯倉神社の関係者ということで、一応湯倉神社宮司にその旨お話されたらどうでしょうか?

そうですね。ありがとうございます。


及川さんは写真専門なんですか?ビデオも撮ってるんでしょうか?

>神楽好きの女さん
主に写真がメインですが、ビデオもたまに撮りますよ。
プロフィール

及川 修

Author:及川 修
松前神楽は、松前藩主自ら祭主となり、藩の城内神事として行われ始めたのは1674年から明治の廃藩置県まで、神職により御城神楽として隔年に行われた大神事であり、その作法は厳格であります。約350年の歴史を持つ北海道道神事芸能で、比較的に開拓して歴史の浅い北海道では珍しい郷土芸能であります。松前藩主が松前神楽を見て、「よくできてそうろう」とおっしゃったことから、「良き候」とブログタイトルに入れ、松前神楽の魅力や北海道の郷土芸能を紹介しております。渡島・桧山地方では近くの神社で奏上されているので、お祭りの際は誰でも見学可能です。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
カウンター

リンク
スポンサー
ブログ内検索
コマーシャル
コマーシャル2
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。