スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

上ノ国町 砂館神社宵宮祭

松前神楽」として呼ばれる前、松前藩の基礎を造った武田信広の時代、室町時代の中期で、神楽取締り三宗家(白鳥家・永井家・佐々木家)のうち、佐々木家に伝わるところによれば、初代繁綱は武田信広と共に渡道し、寛正年間(1460~1466年)に上ノ国の毘沙門堂(砂館神社)で神楽を行っていると、昭和39年発行された「松前神楽」の本に記してあるのを見つけて、そういえば何気に訪れていたことを思い出す。

suna08_01.jpg

suna08_02.jpg

「続きを読む」をクリックすると続きます。
何気に数年前、福島の千軒のそばの花鑑賞会の帰り、何処かお祭りしている所はないかと、松前を周り上ノ国に入り江差経由で戻ろうとしていた時に、神社のお祭りを表すのぼりが目に入り、聞き込みをするとその日が宵宮祭で、神楽が行われるということで取材した記憶があった。2年前に訪れた時は、この事実は知らなかった。
当時の社人の多くは東北地方の山伏修験者であったから「山伏神楽」が普及していたと考えられていて、現在の松前神楽の中にも伝承が残っているという。
そうとなれば、あらためて行こうと取材させてもらった。

6月に行われた夷王山神社例祭で行われた以来、上ノ国の神楽を見ていない。あらためて見てみると、楽も江差とは異なるところが見えて来た。松前神楽とは異なった神歌も確認できた。
渡島・檜山と様々な楽や神歌を聴いて来たが、確実に普段見ている松前神楽とは異なる檜山の一部の地域の神楽が見れてとても面白いし、興味を感じる。

suna08_03.jpg

suna08_04.jpg

suna08_05.jpg
軽やかなジャンプの時に切り撮る

suna08_08.jpg

獅子の動きも荒々しい表現で、檜山の獅子は軽やかに魅せてくれる。
獅子頭は、普段見る松前神楽の獅子頭よりも小さいので、動きやすいだろう。

suna08_06.jpg

獅子に引っ張れ泣く子供、泣いても弓矢は離さない。こういう光景は、いつ見ても微笑ましい。

suna08_07.jpg

主な楽人は4人だけだが、6座も見せてくれた。大変ご苦労様でした。
少し上ノ国の取材もしていきのだが、ガソリン高騰の為回数は行けないが、なるべく行くようにしたい。


テーマ : 祭り/イベント
ジャンル : 写真

tag : 北海道 神楽 松前神楽 上ノ国町 砂館神社

コメントの投稿

非公開コメント

ここにも

やはり、上ノ国町にも神楽があり、なんと15世紀に始まったとは、歴史の深さを感じます。近隣の町同士で独自性を持ちつつ、刺激し合ってきたのでしょうか。若い神主さんですね。これからも長く伝統を伝えてくれそうですね。
プロフィール

及川 修

Author:及川 修
松前神楽は、松前藩主自ら祭主となり、藩の城内神事として行われ始めたのは1674年から明治の廃藩置県まで、神職により御城神楽として隔年に行われた大神事であり、その作法は厳格であります。約350年の歴史を持つ北海道道神事芸能で、比較的に開拓して歴史の浅い北海道では珍しい郷土芸能であります。松前藩主が松前神楽を見て、「よくできてそうろう」とおっしゃったことから、「良き候」とブログタイトルに入れ、松前神楽の魅力や北海道の郷土芸能を紹介しております。渡島・桧山地方では近くの神社で奏上されているので、お祭りの際は誰でも見学可能です。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
カウンター

リンク
スポンサー
ブログ内検索
コマーシャル
コマーシャル2
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。