スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

江差町 姥神大神宮渡御祭 宵宮祭

今日は比較的にメインではないが、ただ山車(ヤマ)に魂入れをにやってくるのを久々に取材したいのと、今日はお神楽奉納があるのでその取材であった。
久々の宵宮祭なので、魂入れにやってくる山車もいいものだと感じられた。

ubagami08_01.jpg
魂入れに神社にやってきた義公山(ぎこうざん)
子供二人は助けさん、角さん

神功山の人形の前にいる子供は久々に見た。

ubagami08_02.jpg
神功山・日にちと場所で現れる子供武者

ubagami08_03.jpg
切り声を奉納する

「続きを読む」をクリックすると続きます。
午後から江差に入ったので、全ての山車を見てなかったが、明日の渡御で神社前に集合するのでそれをメインにした方がいいと考えた。

宵宮祭では、今年の山車の先頭決める神事が行われる。御幣を振り、その御幣についた紙に書かれた山車の名前が書かれている山車が、名誉ある山車として先頭を務める。

ubagami08_04.jpg
先山車を決める神事

お神輿に神様を移す神事である「遷霊の儀」は、電気を消した暗がりの中で、かがり火だけを頼りに行われる。何度見ても神秘的で本当に神様が、各神輿に移るような感じがする。

ubagami08_09.jpg
遷霊の儀

全ての祭礼が終わると、神楽奉納である。実はここで私は初めて「神楽」を見て、松前神楽の取材をはじめたきっかけになった神社である。

ubagami08_05.jpg
榊舞

ubagami08_06.jpg
福田舞

ubagami08_07.jpg
鈴上げ

ubagami08_10.jpg
獅子舞

通常の檜山の松前神楽が終わると、凄い拍手でアンコールがかかる。今回、お手伝いしている宮司さんの中で、瀬棚町で松前神楽をやっている綿谷宮司が入っていたので、松前式の神楽の獅子舞を披露した。楽は、檜山の楽であるがそこはかとなく獅子舞の五方が舞われた。これには、ビックリした。檜山の人も松前神楽の獅子舞が見れるとは思わなかっただろう。

ubagami08_11.jpg
松前神楽・獅子舞(五方舞・松前式)

明日は、神社に泊まる事になったので更新は祭りが終わってからの更新になります。
神社では明日、午後10時頃に「宿入れの儀」が行われる。七五三で神輿が入る様を是非ご覧下さい。

コメントの投稿

非公開コメント

歴史と文化の町ですなー

 うーむ、子供達の表情が良いですね。真剣さが伝わります。
若い世代に確実に受け継がれているのですね。江差には食べ物が楽しみで行きますが、これだけ江差に行ってもこのようなイベントになかなかめぐりあえません。
プロフィール

及川 修

Author:及川 修
松前神楽は、松前藩主自ら祭主となり、藩の城内神事として行われ始めたのは1674年から明治の廃藩置県まで、神職により御城神楽として隔年に行われた大神事であり、その作法は厳格であります。約350年の歴史を持つ北海道道神事芸能で、比較的に開拓して歴史の浅い北海道では珍しい郷土芸能であります。松前藩主が松前神楽を見て、「よくできてそうろう」とおっしゃったことから、「良き候」とブログタイトルに入れ、松前神楽の魅力や北海道の郷土芸能を紹介しております。渡島・桧山地方では近くの神社で奏上されているので、お祭りの際は誰でも見学可能です。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
カウンター

リンク
スポンサー
ブログ内検索
コマーシャル
コマーシャル2
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。