スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

松前町 松前神社 本祭 2008

昨年も取材した松前神社を訪れた。

松前神社は、松前公園内にある神社で、ここの祭神は、松前氏の祖・武田信廣公(たけだのぶひろこう)である。松前神楽という名前ではないが、武田信廣の時代にも神楽は行われていたらしい。当時は、東北地方の「山伏神楽」の修験者が多かったと考えられている。
恒例行事として行われたのは1674年からであり、隔年ごとに城内神楽として城下にある7社の神社の神主らが集まり、行われた神楽である。「松前神楽」という名称が使われだした記録は、文化3年(1806年)の城下7社のうち西舘の稲荷神社、佐々木一貫(かずつら)の記した記録がある。それ以前は、「お城神楽」とか呼ばれていたらしい。

鎮火祭として神社や周辺の祈願として行われてきたのは、この鎮釜湯立の神事である。
占いらしいと思っていたが、火災にならない為の神事だということだった。

matu08_001.jpg
鎮釜湯立式

matu08_002.jpg
榊舞

「続きを読む」をクリックすると続きます。
今回の松前神楽は、榊舞・神遊舞・翁舞・荒馬舞・注連払舞・獅子舞が行われた。

神遊舞は、第5代藩主・矩広公の作と伝えられている武士らしい舞であり、2人舞いで四方の悪魔退散させ、正しい心に返す意の舞で、松前藩の威徳鵜を内外に示し、蝦夷地鎮定、天下泰平を祈願した舞である。秘曲とされている「兵法舞」は、まさにアイヌ平定を表した舞いだったが、神遊舞もそう見ればアイヌ平定の歴史が見え隠れする舞であると思えてしまった。

matu08_003.jpg
神遊舞

matu08_004.jpg
翁舞

久々にいい感じの荒馬舞の写真が撮れたような気がする。荒馬の走る様が表現できた。

matu08_005.jpg
荒馬舞

いつも見ている方が、この注連払舞をやるのかな?と思っていたが、今回は若手の方がこの舞をした。若々しい迫力のある注連払舞だった。

matu08_006.jpg
注連払舞

最後は獅子舞である。ここでは佐々良(猿田彦が登場する舞い)が本祭では行われていないが、宵宮祭で行われているのかもしれないか、佐々良は行わないのかはわからない。昨夜の宵宮祭は姥神大神宮の宵宮祭に行っていたのでわかる方がいれば教えてもらいたい。

matu08_007.jpg
獅子舞

関係者に直会にもよばれてしまい、恐縮だった。社務所には、松前城前で行われた松前神楽の写真が目に入った。昨夜の宵宮祭では、神社前でしかもかがり火での中で行われたらしい。雰囲気はすばらしいし、いい事だなと思う。個人的にはもう一ひねり欲しいのである。真昼に行う松前城を背景で行われる松前神楽をこの目で見たいと思った。歴史的に見てもお城を背景に、「城内で神楽が行われていた」という本来の歴史的なイメージも伝わると思うのだが。それができるのはこの松前神社だけだと思うし、上手く行けば観光にもつながると思う。試みて欲しいと思う。

このブログを見ている神社関係者が多いことがわかりましたので、こういう提案もして行きたいと思っていた。郷土芸能を数年取材してきて、ただ外でやるのは見ている方も何も感じないということがわかり、印象にも残らないと感じていた。雰囲気のある見せ方をもっと工夫すれば、観光客も周辺の人も見に来てもらえて、もう一度見たいと感じるからである。
直会から帰る際に、4人程の観光客が神社前に来ていて、賽銭箱を探していた。横にある事を教えてあげると、「今日は何かあるのですか?」と聞いてきた。「今日はお祭りの日で、先ほどまでこの周辺で行われるお神楽をやっていたのですよ」と言うと、見たかったと残念そうに言ってきた。その方々は、横浜から来た方々だった。地方の人でも興味があるということだろう。

テーマ : 祭り/イベント
ジャンル : 写真

tag : 松前神楽 北海道

コメントの投稿

非公開コメント

今年も行けず、、、

ふむ、成る程。今年も仕事で訪問できずでしたが、松前城と神社は向かい合って建っているので、城をバックに神楽を舞う、、といった光景が見られませんが、伝統も守りつつ、もっと多くの人達に見てもらう、知ってもらうといった、発想の柔らかさのようなものがあってもいいのかな、と思います。外で披露する事で、観光客に思い出をもう一つプラスにしてあげられるという発想に賛成です。
プロフィール

及川 修

Author:及川 修
松前神楽は、松前藩主自ら祭主となり、藩の城内神事として行われ始めたのは1674年から明治の廃藩置県まで、神職により御城神楽として隔年に行われた大神事であり、その作法は厳格であります。約350年の歴史を持つ北海道道神事芸能で、比較的に開拓して歴史の浅い北海道では珍しい郷土芸能であります。松前藩主が松前神楽を見て、「よくできてそうろう」とおっしゃったことから、「良き候」とブログタイトルに入れ、松前神楽の魅力や北海道の郷土芸能を紹介しております。渡島・桧山地方では近くの神社で奏上されているので、お祭りの際は誰でも見学可能です。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
カウンター

リンク
スポンサー
ブログ内検索
コマーシャル
コマーシャル2
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。