スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

函館市 豊川稲荷神社宵宮祭

初めてお伺いする神社、豊川稲荷神社である。以前から気になっていた神社であり、一度機会が合えば訪れてみたい神社であった。豊川稲荷神社は、観光地であるBAY函館・金森倉庫の近くにある神社であり、地元の人に親しまれている。観光客にも松前神楽を見てもらういい環境にある神社であると思われる。

この神社では、浦安の舞の奉納も行われた。最近取材していると、雅楽の浦安の舞とを奉納し、松前神楽も奉納する神社もある。見ている方は、見応えがある。

toyokawa08_1.jpg
4人で奉納する浦安の舞

toyokawa08_2.jpg
榊舞(祝詞舞)

「続きを読む」をクリックすると続きます。
松前神楽が始まり4座ほど、奉納された。榊舞・福田舞・三番叟・獅子舞である。

toyokawa08_3.jpg
福田舞

toyokawa08_4.jpg
三番叟

toyokawa08_5.jpg
獅子舞(五方舞)

神楽とは関係ない話だが、先日から調子が悪いと思われていたデジタルカメラが、昨日の福島のかがり火コンサートの時についに、ピントが合わなくなってしまった。時々合わなくなるがその時々が塩梅悪い。本日、カメラを入院させた。今回の映像は、フジのデジタルカメラを使用。何とも発色がいいカメラだが、シャッターが切れなくて困った。

コメントの投稿

非公開コメント

おお、豊川神社ですね。普段は静まりかえっていますが、この時は盛り上がったのですね。湯倉神社等、観光地に近い神社なら観光客にも是非周知して、地元の人の熱意を感じてもらいたいですね。ところで、機器故障は頭が痛いですね。
プロフィール

及川 修

Author:及川 修
松前神楽は、松前藩主自ら祭主となり、藩の城内神事として行われ始めたのは1674年から明治の廃藩置県まで、神職により御城神楽として隔年に行われた大神事であり、その作法は厳格であります。約350年の歴史を持つ北海道道神事芸能で、比較的に開拓して歴史の浅い北海道では珍しい郷土芸能であります。松前藩主が松前神楽を見て、「よくできてそうろう」とおっしゃったことから、「良き候」とブログタイトルに入れ、松前神楽の魅力や北海道の郷土芸能を紹介しております。渡島・桧山地方では近くの神社で奏上されているので、お祭りの際は誰でも見学可能です。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
カウンター

リンク
スポンサー
ブログ内検索
コマーシャル
コマーシャル2
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。