スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

函館市 尻岸内八幡神社宵宮祭

尻岸内八幡神社があるのは、旧恵山町である。旧恵山町・尻岸内は、漁業の町の中にある神社である。ここでは、神楽が盛んな地域である。民間の人が、松前神楽を行う神楽会がある町であり、宵宮祭でも披露される。
今日は日取のせいか、昨年と2年目に比べて宵宮祭にいらっしゃる人は少なかったが、いい神楽を見せてくれた。
今回は、6座ほど奉納された。榊舞、福田舞、鈴上げ、二羽散米舞、山神、獅子舞(五方舞)である。

先日、鹿部稲荷神社で見られた神楽をはじめる際に行う、「神楽そめ」という名前だった。神職人が、神殿に向かい神歌をうたうという儀式であるが、神様にこれから神楽が始まる声ならしというか、お知らせするといった儀式であろう。

P7143405.jpg
神楽そめ

宮司が最初に舞う、「榊舞」へと流れる。
P7143411.jpg
榊舞(祝詞舞ともいう)

「続きを読む」をクリックすると続きます。

福田舞は、大地を踏みしめ御幣を左右に振り、五穀豊穣を祈願した舞である。
神楽会の人で、中学生が立派に福田舞を務めた。

P7143419.jpg
福田舞

昨年も2人で、鈴上げを披露されたが異なる人だった。小学6年生の二人で、華麗に優雅に舞われた。函館市内の神社では、神職の男性が舞うのが常だが、やはり、鈴上げは女性が舞うのが一番だと思われる。

P7143432.jpg
鈴上げ
P7143439.jpg
鈴上げ

二羽散米舞は、二人舞いであるが、息が合わないと綺麗に見えない舞いである。夫婦の二羽のニワトリの舞であり、夫婦円満、五穀豊穣を祈願した舞いである。

P7143450.jpg
二羽散米舞

山神を舞った人は、神楽会の人であるが、昨日習ったばかりの「山神」を披露した。1日だけとはいえ、よく覚えたと思われるデキであった。

P7143478.jpg
山神

宵宮祭では、獅子舞(五方舞)を行われるが、獅子舞を行なわない地方もあるが、たいていは行われる。他の舞いは知らなくとも、この獅子舞だけはよく知られている舞いであり、人気もあり、楽しみにしている舞である。
次々に手が変わるので、十二手獅子舞とも言われている。決して十二の型があるのではない。獅子の荒々しさが、伝わるような表現をしてみた。

P7143493.jpg
獅子舞(五方舞)

今回も取材は、宵宮だけになるので、神楽が行われる時間と場所を告知しておく。
7月15日・16日(渡御祭)・17日(直会祭)とあり、15日午後二時、女那川生活館前で松前神楽が披露される。16日は、午後二時、えさん漁組前で、松前神楽が行われる。
17日のなおらい祭には、鎮釜湯立式・松前神楽が奉納される。


コメントの投稿

非公開コメント

神楽の季節ですな

鹿部、旧恵山といい、本格的な道南神楽のシーズンですな。
ガソリン高ながらも、取材の意欲満々といったところでしょうか。
できれば、こちらも同行させて頂きたいのですが、休みが、、、、

いつもコメントありがとうございますね

いつもコメントしてもらっています。友人として感謝しております。
たまにレスしますね。

夏~秋に行われます「お祭り」のシーズン到来ですね。ガソリンは高くて困りますが、「松前神楽」写真集に向けて撮影したいと思います。

プロフィール

及川 修

Author:及川 修
松前神楽は、松前藩主自ら祭主となり、藩の城内神事として行われ始めたのは1674年から明治の廃藩置県まで、神職により御城神楽として隔年に行われた大神事であり、その作法は厳格であります。約350年の歴史を持つ北海道道神事芸能で、比較的に開拓して歴史の浅い北海道では珍しい郷土芸能であります。松前藩主が松前神楽を見て、「よくできてそうろう」とおっしゃったことから、「良き候」とブログタイトルに入れ、松前神楽の魅力や北海道の郷土芸能を紹介しております。渡島・桧山地方では近くの神社で奏上されているので、お祭りの際は誰でも見学可能です。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
カウンター

リンク
スポンサー
ブログ内検索
コマーシャル
コマーシャル2
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。