スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

追悼 福島大神宮・宮司 常磐井武宮さん

松前神楽の撮影や行事に、大変お世話になった北海道福島町・福島大神宮宮司の常磐井武宮さんが、5月23日朝、心筋梗塞のために福島町の自宅で亡くなられた。享年63歳。

福島町の町おこしに大変熱心な方で、千軒のそばのイベントや、湯倉神社の代宮司もつとめていらしたので、毎日忙しいく活動された方であります。
地元・福島町の郷土芸能にも積極的に取り組み、松前神楽「八乙女舞」を復活させたり、千軒のそばの中で松前神楽を行うイベントにも委員会として運営に務められた。

f_tokiwai07.jpg
鎮釜湯立式を行う常磐井さん

f_toki01.jpg
榊舞を舞う常磐井さん(右・湯倉神社 左・福島大神宮)

初めて福島大神宮の宵宮祭に撮影に行き、快く撮影することを許可してくれて、写真展までわざわざ足を運んでいただき、松前神楽のことを教えてもらい、祭礼後の直会まで呼んでいただき感謝しておりました。

f_tokiwai01.jpg
七五三祓舞(しめはらいまい)を舞う常磐井さん
f_tokiwai04.jpg
七五三祓舞(しめはらいまい)を舞う常磐井さん

松前神楽の中でも一番難しいとされる舞いは、「翁舞(おきなまい)」を一度だけ見たことがあった。舞いに魅了された。写真は撮ったが、こんないい翁舞は見たことがなかった。
下の写真は、何枚か撮ったうちの一番いいカット。札幌で行われた写真展に展示させてもらいました。

後日翁舞のお話をすると、翁舞をやると、
町民の人が目が肥えて、「先代の翁舞は素晴らしかった」と言われるのだから、どうもねぇと、笑いながらと話してくれました。
「三番叟」でも、本来の形に戻したいともおっしゃっていて、近いうちには復活させてくれるかなと思っていました。

f_tokiwai06.jpg
魅了された翁舞

松前神楽の指導にもにも熱心に取り組み、「立派な後継者ができた」と本当に喜んでいらっしゃったことを強く印象に残っています。

松前神楽の公演依頼にも必ず、「神聖な神楽なので、酒の席では絶対行わない」ことを決めておられ、「もし行うのであれば、乾杯される(お酒が入る前)前しか行えない」ともおっしゃられ、「神楽」という神に捧げる舞いを余興で行うことをしない方でした。

神楽のお話を通じて、様々なことを間接的に常磐井さんに教えてもらいました。
いろいろと本当にお世話になりました。ご冥福をお祈りします。

tag : 北海道 松前神楽

コメントの投稿

非公開コメント

そうでしたか

 また、一人偉人が去りましたか。文章を読むだけでこの方の凄さが伝わります。でも、やはり直にお会いした人でなければ、本当の寂しさは解らないのかもしれません。でも、真面目で温厚な人柄であったとお察っし致します。

檜山の日記も大変お世話になった方です・・・常磐井さんの意志を継ぐのは、今生きている私たちなんでしょうね・・・しかし、もう、あの舞と語りが聞けないというのは本当に残念です・・・

常磐井さん偲ぶ

檜山の日記さんもおせわになりましたかぁ。あまりの突然のニュースなので、なんとも言えませんでした。通夜祭に御参りしてきましたが、凄い人の多さに驚きました。人の多さと常磐井さんの人徳を見るようでした。

はじめまして

はじめまして
常盤井さんが北海道神宮在職時代にボーイスカウトの隊長(高校生のシニア隊)をされていた時に指導をしてもらったものです。

素敵な写真をありがとうございます

はじめまして

和家若造さん、コメントありがとうございます。
ボーイスカウトまでされていたのですね。初めて知りました。
沖縄にいらっしゃるのですね。また機会がありましたら、ご覧になって下さい。
プロフィール

及川 修

Author:及川 修
松前神楽は、松前藩主自ら祭主となり、藩の城内神事として行われ始めたのは1674年から明治の廃藩置県まで、神職により御城神楽として隔年に行われた大神事であり、その作法は厳格であります。約350年の歴史を持つ北海道道神事芸能で、比較的に開拓して歴史の浅い北海道では珍しい郷土芸能であります。松前藩主が松前神楽を見て、「よくできてそうろう」とおっしゃったことから、「良き候」とブログタイトルに入れ、松前神楽の魅力や北海道の郷土芸能を紹介しております。渡島・桧山地方では近くの神社で奏上されているので、お祭りの際は誰でも見学可能です。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
カウンター

リンク
スポンサー
ブログ内検索
コマーシャル
コマーシャル2
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。