スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

江差町・郷土芸能 江差餅つき囃子

昔の江差は年越しの餅つきは、実に大変な量をついた。餅つきの日取りはその各家の年中行事として決まっていて、その日が近づくと、使用人・出入職人に新調の衣装を身を清め、芸者の三味線・笛・太鼓等に合わせて、のど自慢の唄を合いの手に景気よくつきあげる。この餅つきの様子を芸能化し、慶事に演出して伝承されている。

威勢のいいテンポではじまり、軽やかに餅がつかれていき、餅を持ち上げる様はコミカルに演出し見ている方も楽しませてくれる。
この郷土芸能は、江差のイベントや結婚式で行われているらしく、公演回数も多いと思われる。ついた餅は、会場にいる人達に振る舞われる。つきたての餅は、格別!

kyoudo_mochituki02.jpg
江差餅つき囃子 最初は大きく餅をつく
kyoudo_mochituki01.jpg
餅を持ち上げる光景

tag : 北海道 江差 郷土芸能 江差餅つき囃子

コメントの投稿

非公開コメント

持ち上がる?

ほう、餅を持ち上げるユニークな伝統芸能ですね。この写真を撮影したということは、つきたての餅をゴチになったのでしょうか?実に江差は見所のある街なんですね。
プロフィール

及川 修

Author:及川 修
松前神楽は、松前藩主自ら祭主となり、藩の城内神事として行われ始めたのは1674年から明治の廃藩置県まで、神職により御城神楽として隔年に行われた大神事であり、その作法は厳格であります。約350年の歴史を持つ北海道道神事芸能で、比較的に開拓して歴史の浅い北海道では珍しい郷土芸能であります。松前藩主が松前神楽を見て、「よくできてそうろう」とおっしゃったことから、「良き候」とブログタイトルに入れ、松前神楽の魅力や北海道の郷土芸能を紹介しております。渡島・桧山地方では近くの神社で奏上されているので、お祭りの際は誰でも見学可能です。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
カウンター

リンク
スポンサー
ブログ内検索
コマーシャル
コマーシャル2
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。