スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年の寒中みそぎ 別当・行修者

本年1月13日-15日まで、行われた木古内町寒中みそぎ別当を務めた行修者を紹介したい。
今年の別当を務めた斉藤竜二さんは、今年で寒中みそぎ終了となる。行修者は4年務めることになっている。最初の年は、弁財天。2年目は、山の神と3年目は稲荷と務めて最後の年は、リーダーの別当を務めることになる。本殿から出るときも先頭となり、3人を引き連れる。

misogi_2008_02.jpg
正装の準備をする斉藤君

misogi_2008.jpg
正装で本殿から水ごおりに向かう為に草履を履かせてもらう

misogi_2008_04.jpg
水ごおりをし、本殿に帰ってくる

P1140873.jpg
稲荷からお供えの>油揚げをもらう

別当の役割的には、リーダーはもちろんのこと参拝者にお神酒をすすめるなどがある。14日には、最後ということもあり、別当らしいところを魅せてくれた。
「つづきを見る」をクリック↓
14日の深夜に、別当一人で、水ごおり1時間半に渡り行った。見ているこちらが寒くなる光景だった。見事にやり遂げた。

P1140923.jpg

3回水ごりをし本殿に向かい、また水ごりをしに赴きを1時間半を行う。何度も水ごりを行う為に、桶に水が少し溜まるのを待つが待つのがツライのだ。寒風のさながら何もしないでいるほど寒いものはないだ。最後の荒行とはいえ、頑張った。

毎年、寒中みそぎを見せてもらいこの寒い時期に、水ごりを行う青年を見ると関心と感動する。このような神事はこれからも行われるだろう。
別当を務めた斉藤さん、ご苦労様でした。

テーマ : 祭り/イベント
ジャンル : 写真

tag : 北海道 木古内町 佐女川神社 寒中みそぎ 神事 行修者 別当

コメントの投稿

非公開コメント

4年も

一人、4年も行者を努めるんだ。いやー大変だね。でも、使命感もあるし、達成感もひとしおなのかもしれませんね。根性無しのワタシにはとても出来そうもないですね。
プロフィール

及川 修

Author:及川 修
松前神楽は、松前藩主自ら祭主となり、藩の城内神事として行われ始めたのは1674年から明治の廃藩置県まで、神職により御城神楽として隔年に行われた大神事であり、その作法は厳格であります。約350年の歴史を持つ北海道道神事芸能で、比較的に開拓して歴史の浅い北海道では珍しい郷土芸能であります。松前藩主が松前神楽を見て、「よくできてそうろう」とおっしゃったことから、「良き候」とブログタイトルに入れ、松前神楽の魅力や北海道の郷土芸能を紹介しております。渡島・桧山地方では近くの神社で奏上されているので、お祭りの際は誰でも見学可能です。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
カウンター

リンク
スポンサー
ブログ内検索
コマーシャル
コマーシャル2
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。