スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北斗市・有川大神宮例祭 今年最後の神楽

今年最後の例祭になり、秋風を感じる季節になり有川大神宮例祭となれば、もう今年神楽は見れないかと思うと寂しい気持ちになる。今年も様々な神社にお世話になった。
通常の例祭が始まり、鎮釜湯立て式が行われた。次の例祭までの吉凶を占う神事である。特に何も祭主から言われない限りは、通常通りということだろうと思われる。何を見ているのかは、今後に記して行きたい。

arikawa2007_01.jpg
鎮釜湯立て式

本日行われた松前神楽は、榊舞・二羽散米舞・三番叟・荒馬舞・神遊び舞・〆引き・獅子舞(五方舞・佐々良)が奏上されたが、荒馬舞は行われてなかったような気がする。荒馬舞が好きな私は、行われる所をリサーチしながら次の年の例祭時には行こうと心がけてるが、有川大神宮で奏上されるとは思わなかった。来年も奏上して欲しい。舞い手は、種田宮司さんの息子さん。数年前、山神を奏上したのを拝見したが、荒馬舞をするとは思わなかった。

arikawa2007_02.jpg
荒馬舞

今年の例祭回りも終了ということで、〆引きの写真である。
扇子は始めの時と途中に一度、扇子を宙に上げるタイミングをいつも狙っている。

arikawa2007_03.jpg
〆引き

======================================================
今年も無事に例祭の取材させてもらい、各神社にお世話になり感謝申し上げます。
今年は、御稜威舞(みいつまい)・獅子の上(獅子の鈴上げ)・四ヵ散米(しかさご)行列を見れたというのが大きかったです。道南は、各土地土地で風習が異なり調べると面白いので、これからも取材を重ねて行きたいです。例祭も終わり、これから「良き候・松前神楽」は各地で撮った写真と、風習・松前神楽豆知識を公開していきます。これからもよろしく。

テーマ : ★御神輿・山車・屋台・御舟・祭礼写真★
ジャンル : 写真

tag : 松前神楽 御稜威舞 四ヵ散米

コメントの投稿

非公開コメント

これからの展開を楽しみにしています。
まめ知識、未公開写真、期待しております。
以上、返信は不要です。
プロフィール

及川 修

Author:及川 修
松前神楽は、松前藩主自ら祭主となり、藩の城内神事として行われ始めたのは1674年から明治の廃藩置県まで、神職により御城神楽として隔年に行われた大神事であり、その作法は厳格であります。約350年の歴史を持つ北海道道神事芸能で、比較的に開拓して歴史の浅い北海道では珍しい郷土芸能であります。松前藩主が松前神楽を見て、「よくできてそうろう」とおっしゃったことから、「良き候」とブログタイトルに入れ、松前神楽の魅力や北海道の郷土芸能を紹介しております。渡島・桧山地方では近くの神社で奏上されているので、お祭りの際は誰でも見学可能です。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
カウンター

リンク
スポンサー
ブログ内検索
コマーシャル
コマーシャル2
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。