スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

函館市・湯倉神社例大祭 浦安の舞と翁舞

本日は、無事に神輿の渡御が行われ、行列も無事に行われたようだ。渡御は見れなかったので、例祭には参加できた。天候は、昨日の天気も嘘のようないい天気で、しかも湿気を帯びてて、渡御に参加された方々は、大変だったと思われる。
例祭は、昨日の宵宮祭とは異なり見学客が多かった。松前神楽を撮影するカメラも多くなってきたようだ。神楽が本殿で行われるのは、湯倉神社だけと思っている方が以外と多いことも感じられた。道南のいたる所の神社でも、松前神楽が奏上されることを知らないらしい。是非、他の神社で行われる松前神楽も見てほしい。函館式、松前式、福島式とざっと大きく別けるとこの3つの松前神楽を実際に見てほしい。
浦安の舞は、今回で最後の奉納である。練習から見せてもらっていると、上達しているのもわかるし、衣装を着ると真剣な表情となり難なく奉納している風景を見ると、シャッターを押してしまう。↓

yukura_reisai2007.jpg
浦安の舞も今日が最後

yukura_reisai_mk.jpg
翁舞。モノクロの方がいいかもしれない。

松前神楽は、5座の奏上。榊舞・二羽散米舞・翁舞・〆切・獅子舞(ササラ付き)。今回の写真もモノクロで撮影。モノクロでの撮影もこれから力を入れていきたい。
=======================================================
福島町のかがり火コンサートで、雅楽の奏者の方とお知り合いになり、今回湯倉神社での件はその方のおかげでこのようにスムーズに、浦安の舞の練習風景から撮影する事ができたので本当に感謝しております。浦安の舞の指導された先生、歌人、巫女さんのお母様方には、本当にお世話になりました。来年またよろしくお願いします。

テーマ : ★御神輿・山車・屋台・御舟・祭礼写真★
ジャンル : 写真

tag : 浦安の舞 松前神楽

コメントの投稿

非公開コメント

モノクロ

うーん、モノクロ写真もいいですね。雰囲気が出ています。これからもぜひ、載せて下さい。

やっぱりですか!

やはりモノクロいいですよね~。こらからもモノクロで撮ってみます。
プロフィール

及川 修

Author:及川 修
松前神楽は、松前藩主自ら祭主となり、藩の城内神事として行われ始めたのは1674年から明治の廃藩置県まで、神職により御城神楽として隔年に行われた大神事であり、その作法は厳格であります。約350年の歴史を持つ北海道道神事芸能で、比較的に開拓して歴史の浅い北海道では珍しい郷土芸能であります。松前藩主が松前神楽を見て、「よくできてそうろう」とおっしゃったことから、「良き候」とブログタイトルに入れ、松前神楽の魅力や北海道の郷土芸能を紹介しております。渡島・桧山地方では近くの神社で奏上されているので、お祭りの際は誰でも見学可能です。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
カウンター

リンク
スポンサー
ブログ内検索
コマーシャル
コマーシャル2
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。