スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

函館市・湯倉神社宵宮祭 浦安の舞と松前神楽

今日は、台風の接近となり風・雨共に厳しい状況の中の宵宮祭となった。夜店も出店していなくなんともお祭りらしくない風景の中、厳かに行われた。見学者は少ないが、この天気ではしょうがない気もする。
とうとう練習風景の取材を重ねた「浦安の舞」の本番である。練習の成果が出て華麗に舞い、見事な舞いを見せてくれた。↓

yukurayoimiya2007_1.jpg
浦安の舞の奉納

浦安の舞、と宵宮祭のシメは、松前神楽である。宵宮祭だが、榊舞・福田舞・神遊び舞・三番叟・獅子舞と5座奏上となった。普段行われる利生舞はなかった。最近は、太鼓と笛をよく聞くようにしている。微妙な感じに笛が異なる所が見えた。吹き手でも変わるのだろうか?
写真は、獅子舞。モノクロの神楽も味があるのではないだろうか。
yukurayoimiya2007_2.jpg

テーマ : ★御神輿・山車・屋台・御舟・祭礼写真★
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

専属カメラマン

悪天候にもめげず、とうとう本番の日になりましたね。練習時から見続けてきたのだから、感慨もひとしおでしょう。
こちらの神社でも、もう専属カメラマンとして関係者の方々に定着したと思います。子供達にも「カメラのおじさん」と来年も言われそうですね。

カメラのおっさん

いやいや、来年覚えてくれてるかな?って言う感じですケド・・・
おっちゃんでもなんでもいいですので、覚えてさえくれればいいですよ。
プロフィール

及川 修

Author:及川 修
松前神楽は、松前藩主自ら祭主となり、藩の城内神事として行われ始めたのは1674年から明治の廃藩置県まで、神職により御城神楽として隔年に行われた大神事であり、その作法は厳格であります。約350年の歴史を持つ北海道道神事芸能で、比較的に開拓して歴史の浅い北海道では珍しい郷土芸能であります。松前藩主が松前神楽を見て、「よくできてそうろう」とおっしゃったことから、「良き候」とブログタイトルに入れ、松前神楽の魅力や北海道の郷土芸能を紹介しております。渡島・桧山地方では近くの神社で奏上されているので、お祭りの際は誰でも見学可能です。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
カウンター

リンク
スポンサー
ブログ内検索
コマーシャル
コマーシャル2
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。